今日は何の日? -2018年01月20日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2018年01月20日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2018年01月20日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・二十日正月

今日を正月の最後の日として納めの行事を行うもので、地方によっては骨正月、骨おろし、頭正月などとも呼ぶ。正月に食べた魚の骨や頭までも食べて、正月を終えるところからきている。

・アメリカ大統領就任式

西暦年が4で割り切れる年の翌年。アメリカ合衆国憲法修正20条で、大統領の任期は1月20日の正午に終了することとされており、その瞬間から次の大統領の任期が始る。

・玉の輿の日

1905(明治38)年、アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、ジョージ・モルガンが祇園の芸妓・お雪を見初め、結婚した。お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれた。



今日の人物

ジャン・フランソワ・ミレー(Jean-Francois Millet)

19世紀のフランスの画家

パリの南方約60キロのところにある、フォンテーヌブローの森のはずれのバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家たちを、今日「バルビゾン派」と称している。ミレーのほか、テオドール・ルソー、ディアズ、トロワイヨンなどがバルビゾン派の代表的な画家であり、カミーユ・コローなども先駆者に数えられる。

バルビゾン派の中でも、大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、農業国日本では特に親しまれた。ミレーの代表作のひとつである『種まく人』が岩波書店のシンボルマークとして採用されたのは1933年(昭和8年)のことであった。1977年(昭和52年)、その『種まく人』がサザビーズのオークションで競り落とされ、日本に請来された時は、大いに話題になった。

ミレーは、1814年、フランス、ノルマンディー地方の海辺にあるグリュシーという小さな村に生まれた。大原美術館にあるパステル画『グレヴィルの断崖』は、晩年の1871年頃の制作ではあるが、故郷の海岸の風景を描いたものである。19歳の時、グリュシーから十数キロ離れたシェルブールの街で絵の修業を始め、22歳の1837年、パリへ出て、当時のアカデミスムの巨匠であったポール・ドラローシュ(1797−1856)に師事する。26歳の時、サロン(官展)に初入選するが、生活は相変わらず貧しかった。1841年、ポーリーヌ=ヴィルジニー・オノという女性と結婚するが、彼女は3年後の1844年、貧困のうちに病死する。1846年には同棲中だったカトリーヌ・ルメートルという小間使いの女性との間に第1子が誕生。このカトリーヌと正式に結婚するのはかなり後の1853年のことであるが、それ以前の1849年、パリにおけるコレラ流行を避けて、ミレーはパリの南方約60キロの、フォンテーヌブローの森のはずれにあるバルビゾンへ移住し、以後同地で制作を続けた。『種まく人』をサロンへ出品するのは翌1850年のことである。ミレーの代表作に数えられる『晩鐘』『落穂拾い』などは、バルビゾン移住後の作品である。



プレスリリース

2018年01月20日のプレスリリースを紹介します

2018年01月20日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1226年 - 鎌倉幕府が評定衆を設置する。
  • 1936年 - エドワード8世がイギリス国王に即位。
  • 1942年 - ヴァンゼー会議でホロコーストが最終決定。
  • 1944年 - イギリス空軍がベルリン空襲、2,300トンの爆弾が投下。
  • 1945年 - ハンガリーが枢軸国から離脱。
  • 1954年 - 営団地下鉄(現 東京メトロ)丸ノ内線の池袋駅〜御茶ノ水駅間が開業。
  • 1956年 - 将棋の王将戦で升田幸三が大山康晴名人を相手に香を引いて勝利。
  • 1961年 - ジョン・F・ケネディ米国大統領に就任
  • 1969年 - 東京大学が入学試験の中止を決定。
  • 1976年 - 大和運輸(現在のヤマト運輸)が「宅急便」のサービスを開始。
  • 1981年 - 郵便料金が値上げ。葉書が20円から30円(3月31日まで。4月1日からは40円)に、封書が50円から60円になる。
  • 1996年 - ヤーセル・アラファートがパレスチナ自治政府議長に選出。
  • 2005年 - 都営地下鉄新宿線の新型先頭車両、10-300R形運転開始。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1436年 - 足利 義政 (アシカガ ヨシマサ)-室町幕府第八代将軍。(+ 1490年)
  • 1885年 - 尾崎 放哉 (オザキ ホウサイ)-俳人。(+ 1926年)
  • 1894年 - 西脇 順三郎 (ニシワキ ジュンザブロウ)-日本の詩人、英文学者。(+ 1982年)
  • 1932年 - 鈴木 その子 (スズキ ソノコ)-美容研究家、料理研究家。(+ 2000年)
  • 1935年 - 公文 俊平 (クモン シュンペイ)-社会学者、経済学者。
  • 1938年 - 北原 亞以子 (キタハラ アイコ)-作家。
  • 1941年 - 川村 龍夫 (カワムラ タツオ)-日本の実業家。
  • 1945年 - 中川 八洋 (ナカガワ ヤツヒロ)-国際政治学者。
  • 1971年 - 花田 勝 (ハナダ マサル)-第66代横綱(若乃花勝)、実業家。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1875年 - ジャン・フランソワ・ミレー (Jean-Francois Millet)-19世紀のフランスの画家。(* 1814年)
  • 1970年 - 石川 一郎 (イシカワ イチロウ)-昭和時代の財界人、経営者。(* 1885年)
  • 1970年 - ジョージ・マゴフィン・ハンフリー (George Magoffin Humphrey)-アメリカの法律家、実業家。(* 1890年)
  • 1974年 - エドマンド・チャールズ・ブランデン (Edmund Charles Blunden)-イギリスの詩人、文芸評論家。(* 1896年)
  • 1990年 - 東久邇宮 稔彦王 (ヒガシクニノミヤ ナルヒコオウ)-第43代内閣総理大臣。(* 1887年)
  • 1993年 - オードリー・ヘプバーン (Audrey Hepburn)-アメリカで活躍した映画女優。(* 1929年)
  • 2001年 - 小池 聰行 (コイケ ソウコウ)-日本の実業家。(* 1932年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • きんぽうげ
  • 花言葉:子供らしさ

「ジャン・フランソワ・ミレー(Jean-Francois Millet)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2018年01月20日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「01月20日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2018年01月20日15時(日本時間)現在での最新版を取得。