今日は何の日? -2018年01月17日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2018年01月17日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2018年01月17日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・おむすびの日

米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が2000(平成12)年11月に制定し、2001(平成13)年から実施。日附は公募で選ばれ、阪神大震災ではボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから、いつまでもこの善意を忘れない為、1月17日を記念日とした。

・今月今夜の月の日

尾崎紅葉の『金色夜叉』の中で、主人公の寛一が熱海の海岸で、貫一を裏切った恋人のお宮に可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたらば、僕の涙で必ず月は曇らせて見せるからと言い放ったことから。この日の夜が曇り空になることを「貫一曇り」という。

・スコットが南極点に達した日

1912年(大正元年)のこの日、初の南極点登頂をめざしたイギリスのスコット隊が南極点に達した。しかしノルウェーのアムンゼン隊につぐ、2番手に終わった。その後、スコット隊は帰還できず、南極大陸で全滅した。



今日の人物

ジェイムズ・コクラン・ドビン(James Cochrane Dobbin)

第22代アメリカ合衆国海軍長官

1814年、ドビンはノースカロライナ州フェイエットヴィルに生まれた。ドビンはノースカロライナ州のフェイエットヴィル・アカデミーとウィリアム・ビンガム高校を経て1832年にノースカロライナ大学を卒業。そして法学を学び1835年に弁護士の認可を受けると、フェイエットヴィルで弁護士業を開業した。

1844年、ドビンは民主党からアメリカ合衆国下院議員に当選し、1845年から1847年まで同職を務めた。だが1846年の選挙で再選に失敗すると、再び弁護士業に戻った。その後1848年から1852年までノースカロライナ州上院議員を務め、1850年には上院議長も務めた。1852年には、ドビンは民主党全国大会の代表となった。ドビンは民主党の大統領候補選出にあたって膠着状態となっていた状況を打破する決定的なスピーチを行った。その結果、民主党の大統領候補にはダークホースであったフランクリン・ピアーズが選出された。1852年の大統領選挙で勝利したピアーズは、ドビンに論功行賞として海軍長官のポストを与えた。

ピアーズは、ドビンが南部の連邦主義者であり、1850年の妥協を支持していたと思い込んでいた。だが実際には、ドビンは1850年の妥協には反対していた。1850年の妥協に賛成した民主党員の多くは、ドビンが陸軍長官ジェファーソン・デイヴィスとともにピアーズ政権内において窓際に追いやられているものと感じていた。

ドビンはピアーズの任期満了となる1857年まで海軍長官を務めた。海軍長官としてドビンは、強い海軍こそが平和を保障するものであると固く信じ、合衆国海軍の全面的な改革を実施した。ドビンの在任中、合衆国海軍では全世界でも最高クラスの強力な艦船が18隻も建造された。1853年11月、ドビンはピアーズ大統領の要請に応じ、大西洋と太平洋をつなぐパナマ運河を開通させるため、アイザック・ストレイン中尉にパナマ地峡の調査を命じた。翌1854年1月に合衆国海軍のサアン号がパナマのダリエン地峡に上陸したが、地峡横断探検隊は道に迷い、また飢えと病気により探検隊の大部分が死亡した。

1854年3月、ドビンの支援の下、海軍提督マシュー・ペリーが当時鎖国状態にあった日本を開国をさせることに成功。晩年には海軍長官退任後、ドビンは故郷フェイエットヴィルへ戻った。そして1857年8月4日、ドビンはフェイエットヴィルで死去した。ドビンの遺体は同市内のクロス・クリーク墓地に埋葬された。ドビンの死後、その功績を称えて、アメリカ合衆国海軍の駆逐艦母艦 USS Dobbin (AD-3)にその名がつけられた。



プレスリリース

2018年01月17日のプレスリリースを紹介します

2018年01月17日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1400年 - 応永の乱が終結し、大内義弘が戦死する。
  • 1594年 - 日本初の木製活字本となる古文孝経が印刷される。
  • 1899年 - アメリカ合衆国がウェーク島を取得。
  • 1912年 - イギリスのスコット大佐らが南極点に到達。アムンゼンの南極点到達の約1か月後。
  • 1917年 - アメリカ合衆国がデンマークからヴァージン諸島を2,500万ドルで買収。
  • 1966年 - 水素爆弾を搭載したアメリカのB-52爆撃機がスペインのパロマレス沖でKC-135空中給油機と衝突、水爆を搭載したまま墜落。
  • 1979年 - 第二次オイルショック。
  • 1991年 - 多国籍軍の空爆により湾岸戦争の端緒が開かれる。
  • 1993年 - 陸上自衛隊にミサイル部隊発足。
  • 1994年 - ロサンゼルスでマグニチュード6.8規模のノースリッジ地震発生。
  • 1995年 - 午前5時46分 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)発生。
  • 1996年 - チェコがEUへの加盟を申請。
  • 2006年 - ライブドア・ショック発生

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1504年 - ピウス5世 (Pius V)-カトリック教会の聖人であるローマ教皇。(+ 1572年)
  • 1600年 - カルデロン・デ・ラ・バルカ (Pedro Calderon de la Barca)-17世紀スペイン・バロック演劇の代表的な劇作家、詩人。(+ 1681年)
  • 1706年 - ベンジャミン・フランクリン (Benjamin Franklin)-政治家、物理学者。(+ 1790年)
  • 1814年 - ジェイムズ・コクラン・ドビン (James Cochrane Dobbin)-第22代アメリカ合衆国海軍長官。(+ 1857年)
  • 1885年 - 大杉 栄 (オオスギ サカエ)-アナキスト(+ 1923年)
  • 1899年 - アル・カポネ (Alphonse Gabriel Capone)-アメリカ・シカゴの暗黒街のボス。(+ 1947年)
  • 1903年 - 綿谷 雪 (ワタタニ キヨシ)-作家、時代考証家・武道(武術)史研究家。(+ 1983年)
  • 1944年 - 猪口 孝 (イノグチ タカシ)-国際政治学者。
  • 1947年 - 吉岡 一男 (ヨシオカ カズオ)-天文学者。
  • 1952年 - 坂本 龍一 (サカモト リュウイチ)-日本の音楽家。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1884年 - ヘルマン・シュレーゲル (Hermann Schlegel )-ドイツ人の鳥類学者、動物学者。(* 1804年)
  • 1954年 - レオナード・ユージーン・ディクソン (Leonard Eugene Dickson)-アメリカの数学者。(* 1874年)
  • 1984年 - 増渕 増巳 (ミゾブチ マスミ)-高知県の政治家。(* 1900年)
  • 1993年 - 下河辺 三史 (シモコウベ サンシ)-日本の実業家。(* 1911年)
  • 1994年 - ジョルジュ・シフラ (Georges (György) Cziffra)-ハンガリー出身の超絶技巧のピアニスト。(* 1921年)
  • 2005年 - 趙 紫陽 (チョウ シヨウ)-中華人民共和国「第2世代」の政治指導者。(* 1919年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • シンビジューム
  • 花言葉:飾らない心

「ジェイムズ・コクラン・ドビン(James Cochrane Dobbin)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2018年01月17日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「01月17日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2018年01月17日15時(日本時間)現在での最新版を取得。