今日は何の日? -2018年01月02日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2018年01月02日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2018年01月02日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・初夢の日

1月2日の夜から3日の朝にかけて見る夢を初夢とすることから生まれた日。「一富士、二鷹、三なすび」。

・月ロケットの日

959年(昭和34年)のこの日、旧ソ連の打ち上げた月ロケット「ルーニック1号」が月面観測後に太陽の周囲を公転する史上初の人工惑星「メチタ」となった。

・箱根駅伝

学生長距離界最大の駅伝競走で、東京・大手町から箱根・芦ノ湖までの往路5区間、復路5区間の合計10区間・214.7kmで争われる。関東学生陸上競技連盟(関東陸連)に加盟している関東の大学のうち、昨年の大会で10位までに入った大学と、予選会で勝ちあがった9校+学連選抜1チームの計20校(2002までは15校)が出場する。1920(大正9)年に第1回大会が開催され、1956(昭和31)年からは、1月2日に往路、3日に復路を走るようになった。



今日の人物

アイザック・アジモフ(Isaac Asimov)

アメリカの作家、生化学者

非常に成功した多作の作家であり、その著作は500冊以上を数える。彼の扱うテーマは科学、言語、歴史、聖書等々非常に多岐にわたるが、特にSFおよび一般向け科学解説書、また推理小説作家としてよく知られている。長年にわたり、メンサの会員でもあった。

アジモフはロシアのペトロビッチにおいてユダヤ系ロシア人として生まれ、3歳の時に家族とともにアメリカに移住した。ニューヨークはブルックリンで育ち、1939年コロンビア大学を卒業、1948年化学博士号を取得。ボストン大学医学部の生化学の准教授となるが、後にその肩書きを保持したまま、教壇を降りている。

アジモフは人道主義者かつ合理主義者であった。純粋な信仰心に反対することはなかったが、超常現象や根拠のない思想に対しては断固とした態度を貫いた。飛行機嫌いも有名であり、その生涯で飛行機を利用したのはただ2度のみである。また狭くて閉ざされた空間をこよなく愛する閉所愛好家(閉所恐怖症の反対)でもあり、地下室でタイプライターに向かう時間が無上の喜びであったと自ら語っている。

ほとんどの政治的問題においては進歩的な態度をとっており、民主党の強い支持者であった。1970年代初期のテレビのインタビューでは公然とジョージ・マクガヴァンを支持している。1960年代末葉以前、多くの進歩的な政治活動が不合理な政策の原因となったことは、彼にとっては不幸なことであった。さらにスリーマイル島の事故以降も一般社会への原子力の応用に肯定的であったことは、彼と左派の人々との関係に少なからず影響を与えた。このほか、ポール・エルリッヒによって発表された将来の見通しを受けて、多くの著作で人口管理の重要性を訴えている。晩年アジモフは、中産階級の人々が郊外に移動したことによるニューヨークの税収減少のため、生活の質が悪化したことを嘆いている。彼の最後のノンフィクションの著作は『Our Angry Earth (怒れる地球)』(1991年、SF作家フレデリック・ポールとの共著)であり、この中で彼は地球温暖化やオゾン層の破壊といった環境危機について論じている。

アジモフは1992年4月6日に没した。死因はヒト免疫不全ウイルス(HIV)によるものであったが、これは1983年に受けた心臓バイパス手術の際の血液感染が原因である。後天性免疫不全症候群(エイズ)が死因であったことは、彼の死から10年の後に出版された彼の妻ジャネット・アシモフの自伝『It's Been a Good Life (我が良き生涯)』で明らかにされた。

彼の栄誉をたたえ、「(5020)Asimov」と名づけられた小惑星が存在する。また、本田技研工業の人型ロボット ASIMO は偶然つづりが同じとなったが無関係である。また東京大学で2003年に開発された、起き上がり動作に特化したロボットが、彼の小説に登場するロボットに因んで「ダニール」と名付けられている。



プレスリリース

2018年01月02日のプレスリリースを紹介します

2018年01月02日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1876年 - 三菱系企業で日本初のボーナス支給。
  • 1905年 - 日露戦争で旅順開城。
  • 1930年 - 第一回朝日学術賞授与式。
  • 1937年 - イギリスの戦艦、プリンス・オブ・ウェールズの建造開始。1939年に進水。
  • 1942年 - 太平洋戦争で、日本軍がマニラを占領。
  • 1942年 - 興亜奉公日を廃止し、毎月8日を大詔奉戴日とすることを閣議決定。
  • 1953年 - 「第3回紅白歌合戦」がテレビで実験放送される。
  • 1954年 - 皇居二重橋で皇居一般参賀者が橋上で将棋倒しとなり16人が死亡する。
  • 1956年 - 箱根駅伝がこの年から2日に往路、3日に復路の開催に。
  • 1959年 - ソ連が世界初の月面ロケット「ルーニク1号(ルナ1号)」を打上げ。軌道が逸れて太陽を周回する初の人工惑星に。
  • 1959年 - キューバ革命軍がバチスタを打倒する。
  • 1997年 - 島根県沖の日本海でロシア船籍のタンカー「ナホトカ号」が沈没し、重油3700キロリットルが流出。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1837年 - ミリイ・バラキレフ (ミリイ バラキレフ)-作曲家。「ロシア五人組」の統率者。(+ 1910年)
  • 1870年 - 小川 平吉 (オガワ ヘイキチ)-司法大臣・鉄道大臣。(+ 1942年)
  • 1900年 - 伊丹 万作 (イタミ マンサク)-映画監督。(+ 1946年)
  • 1901年 - 久保 栄 (クボ エイ)-戯曲作家。
  • 1906年 - 三島 雅夫 (ミシマ マサオ)-俳優。(+ 1973年)
  • 1913年 - 林健太郎 (ハヤシ ケンタロウ)-歴史学者・東京大学総長。(+ 2004年)
  • 1920年 - アイザック・アジモフ (Isaac Asimov)-作家。(+ 1992年)
  • 1949年 - 高野 悦子 (タカノ エツコ)-遺稿「二十歳の原点」で知られる立命館大生。(+ 1969年)
  • 1960年 - 浦沢 直樹 (ウラサワ ナオキ)-漫画家。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1861年 - フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 (Friedrich Wilhelm IV.)-プロイセン国王、玉座のロマン主義者。(* 1795年)
  • 1927年 - アハド・ハアム (Ahad Ha'am)-語著述家、シオニズム思想家。(* 1856年)
  • 1976年 - 檀 一雄 (ダン カズオ)-[西遊記]の日本語訳を手掛けた小説家、作詞家。(* 1912年)
  • 1991年 - 野間 宏 (ノマ ヒロシ)-日本の小説家、評論家、詩人。(* 1915年)
  • 2006年 - 近藤 貞雄 (コンドウ サダオ)-プロ野球選手(投手)、プロ野球監督、野球解説者。(* 1925年)
  • 2007年 - 中居 英太郎 (ナカイ エイタロウ)-元日本社会党衆議院議員。岩手県宮古市出身。

▲ページトップに戻る

誕生花

  • 福寿草
  • 花言葉:幸せを招く

「アイザック・アジモフ(Isaac Asimov)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2018年01月02日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「01月02日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2018年01月02日15時(日本時間)現在での最新版を取得。