今日は何の日? -2017年11月20日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年11月20日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年11月20日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・世界のこどもの日

1954年の国連総会で制定。国際デーの一つ。各政府が適当と考える日を「世界こどもの日」に選んで記念するよう提案されており、日本では、1959年に「児童権利宣言」が、1989年に「児童権利条約」が採択された11月20日を当てている。

・産業教育記念日

1884年、「商業学校通則」が制定され、日本の産業教育制度が創設された。

・アフリカ工業化の日

1989年の国連総会で制定。国際デーの一つ。アフリカの工業化に対する国際社会の真剣な取り組みを促す日。

・ホテルの日

1890年、帝国ホテルが開業した。



今日の人物

フランシスコ・フランコ(Francisco Franco y Bahamonde)

スペインの軍人、政治家、独裁者

フランコは、スペイン北西部ガリシア地方の軍人の子に生まれた。トレドの陸軍士官学校を卒業して18歳で少尉となった。20歳の時、頑強な独立運動が展開されていたスペインの植民地モロッコに派遣され、この地で、以後5年間、ベルベル人の独立を求める反乱の鎮圧に当たった。彼は、現地のアフリカ人部隊を指揮して反乱軍と戦い、その功績で陸軍少佐に昇進した。帰国後は、サラゴサの陸軍士官学校の校長を務めた。

1931年、スペインではボルボーン(ブルボン)王朝が倒されて共和制が敷かれ、フランコは、共和政府からラコルーニャとバレアレス諸島の軍政官に任じられ、その間に陸軍少将に昇進した。1934年10月、右翼の内閣が成立し、左翼政党がこれに抗議してゼネストを呼びかけると、フランコはアストゥリアス地方でゼネストに決起した鉱山労働者を武力で鎮圧した。この功績により、翌年、陸軍参謀総長に任命された。1936年2月の総選挙で、左翼勢力を中心とする人民戦線内閣が誕生すると、フランコは参謀総長を解任され、カナリア諸島総督に左遷された。同年7月、スペイン領モロッコと本土で軍隊が反乱を起こすと、フランコはモロッコに飛んで反乱軍を指揮し、本土に侵攻した。人民戦線政府の社会改革や教会財産没収などの政策に不安を感じていた地主・資本家・カトリック教会などの保守勢力がフランコを支援したため、反乱は全土を巻き込む内乱(スペイン内乱)へと発展。フランコは、反乱軍(国民戦線軍と称した)の総司令官兼国家元首に就任し、ナチス・ドイツやイタリア軍の支援を受けて人民戦線政府勢力と戦い、1939年2月、マドリードを陥落させて人民戦線政府を崩壊へ追いやった。フランコは直ちに独伊防共協定に参加した。そして、正式にスペイン政府の総統に就任した。

3年間にわたる激しい内乱で国土は荒廃した上に、フランコは内乱で人民戦線を支持した労働者・農民を厳しく弾圧し、人民戦線派狩りを行って数十万人を殺害したといわれる。そのため、国内の生産の減退は著しかった。

第二次世界大戦が勃発すると、フランコは国力が参戦に耐えられないと判断して中立を宣言したが、アントニオ・サラザール率いる隣国のポルトガルと同様、ナチス・ドイツの優勢を見て枢軸国側に、連合国が優勢になると再び中立に戻るという動揺を繰り返した。この外交によってスペインは第二次世界大戦の戦禍を免れた。フランコ政権は、彼が内乱中に組織したファランヘ党の一党独裁の政権であり、その成立時からドイツ・イタリアの支援を受け、軍隊と秘密警察による厳しい支配を行った。そのため、大戦終結後に成立した国際連合は、1946年12月の国連総会で、ファシズム・スペインを国連から排除する決議を採択した。しかし、戦後の東西対立・冷戦の激化により、西側諸国は反共産主義という点でファシズム・スペインとの関係の修復を模索し始めた。

1953年9月に、アメリカはスペインと米西防衛協定を締結した。この協定によるアメリカの軍事援助と、国際的孤立から抜け出したことによる観光収入の増大で、スペインの国際収支は黒字に転じ、遅れていた主要産業も発展し始めた。こうして、スペイン史上初めて中産階級と呼べる層が出現した。フランコは、中産階級をバックに高まる自由主義運動を厳しく抑圧する一方、亡命者のメキシコやスイスなどからの帰国を認めたり、1959年12月にはアメリカ合衆国大統領ドワイト・D・アイゼンハワーと会見、序盤はぎこちなかったものの、最終的には二人とも打ち解け、別れの際に抱擁をかわした程だった。これにより、アメリカとの関係は飛躍的に改善される。その後、任命制の議員の一部を選挙制に切り替えたり(1966年)して、社会不安の緩和に努めた。70歳を越え健康状態が悪化すると、フランコの後継者問題が表面化した。フランコは、前国王アルフォンソ13世の孫フアン・カルロスを1969年に後継者に指名し、長い闘病生活の後、1975年に83歳で没。



プレスリリース

2017年11月20日のプレスリリースを紹介します

2017年11月20日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1805年 - ドイツの音楽家、ベートーベン唯一のオペラ「フィデリオ」の初演が失敗。
  • 1889年 - グスタフ・マーラーの交響曲第1番が初演。
  • 1917年 - ウクライナ初の近代国家となるウクライナ国民共和国が独立を宣言。
  • 1938年 - 岩波書店が「岩波新書」の刊行を開始。
  • 1940年 - ハンガリー、ルーマニア、スロバキアが日独伊三国同盟に加盟。
  • 1945年 - ドイツのニュルンベルクで第二次世界大戦の戦犯を裁く国際軍事裁判(ニュルンベルク裁判)が始まる。
  • 1945年 - 日本初の競輪が小倉競輪場で開始。
  • 1954年 - 相模原市市制施行。
  • 1971年 - 中華航空825便爆破事件。
  • 2004年 - Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズが創立初のセカンドステージ優勝。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1696年 - 徳川 宗春 (トクガワ ムネハル)-第7代尾張藩主。(+ 1764年)
  • 1858年 - セルマ・ラーゲルレーブ (Selma Lagerlöf)-小説家。(+ 1940年)
  • 1886年 - カール・フォン・フリッシュ (Karl von Frisch)-オーストリアの動物行動学者。(+ 1982年)
  • 1915年 - 市川 崑 (イチカワ コン)-三重県出身の映画監督。
  • 1925年 - ロバート・ケネディ (Robert Francis "Bobby" Kennedy, RFK)-元アメリカ合衆国司法長官、上院議員。(+ 1968年)
  • 1932年 - 萬屋 錦之介 (ヨロズヤ キンノスケ)-俳優。(+ 1997年)

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1910年 - レフ・トルストイ (Leo Tolstoy)-平和を主張したロシアの文学者。(* 1828年)
  • 1925年 - アレクサンドラ・オブ・デンマーク (Alexandra of Denmark)-イギリス国王エドワード7世の妃でイギリス王妃、インド皇后。(* 1844年)
  • 1932年 - 中村 岳陵 (ナカムラ ガクリョウ)-日本画家。(* 1890年)
  • 1940年 - 小熊 秀雄 (オグマ ヒデオ)-詩人、小説家。(* 1901年)
  • 1945年 - 本庄 繁 (ホンジョウ シゲル)-日本の陸軍軍人。(* 1876年)
  • 1952年 - ベネデット・クローチェ (Benedetto Croce)-思想家、歴史家。(* 1866年)
  • 1975年 - フランシスコ・フランコ (Francisco Franco y Bahamonde)-スペインの軍人、政治家、独裁者。(* 1892年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • カーネーション(赤)
  • 花言葉:純粋な愛

「フランシスコ・フランコ(Francisco Franco y Bahamonde)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年11月20日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「11月20日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年11月20日15時(日本時間)現在での最新版を取得。