今日は何の日? -2017年11月14日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年11月14日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年11月14日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・ウーマンリブの日

1970年、東京、渋谷で女性解放運動を高めるための日本初のウーマンリブの大会が開催された。

・盛人の日

日本ベテランズ倶楽部が制定。 「い(1)い(1)とし(14)」の語呂合せ。

・いい石の日

山梨県石材加工業協同組合が1999年に制定。 「いい(11)石(14)」の語呂合せと、石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日であるこの日を「太子講」としていたことから。

・パチンコの日

1966年のこの日、パチンコ業者の集まりである全国遊技業協同組合連合会が発足したことにちなみ、同連合会が1979年に制定した日。



今日の人物

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel)

ドイツ観念論哲学を確立させた哲学者

1770年8月27日、ヴュルテンベルク国のシュトゥットガルト (現在のドイツ南西部バーデン=ヴュルテンベルク州の州都)の中流家庭に生まれる。父親はヴュルテンベルク国政府の公務員。進歩的な教育者であった母の影響も手伝って、子供時代は学問の環境に恵まれ、文学書・新聞・哲学小論他の書物を読みあさった。病気がちで、6歳以前の時期に、天然痘で死に瀕したことがある。8歳のときシェイクスピア全集をもらい読むなど大変な読書家で感想なども多数書き残す。妹のクリスティアーネとは親密で、終生強い絆をもっていた。

南ドイツのルーテル派正統神学のテュービンゲン神学校で教育を受け、哲学者シェリングや詩人ヘルダーリンと交友をむすぶ。3人とも規則にしばられた神学校の環境を好まない点で意気投合し、互いの思想に影響しあった。ギリシャ語、ラテン語、博物学などを学び天文学、物理学などを好む。だが、牧師にはならなかった。 フランス革命の展開を横目に見ながら、ヘルダーリンとシェリングの2人はカントの観念論哲学への批判に没頭したが、ヘーゲルは当初それには加わらなかった。当時彼は、大衆哲学(popular philosophy:哲学を、学問的修練を積んでいない大衆にも理解されるよう著述する動き)の仕事を成し遂げることのほうに興味があったからである。大衆哲学者は著述を通じ、哲学の今日的な問題を紹介したり、啓蒙主義を普及させる方法を議論したりしており、多くがロック・リードなどイギリス思想に精通していた。ヘーゲルは、大衆哲学のやり方でカントの批判哲学を完成させたいと思っていた。 こうしてテュービンゲン時代において、ヘーゲルはヘルダーリンやシェリングがかかわった高度に神学的(かつ技巧的)な議論には懐疑的な立場をとった。彼がカント哲学の実践の試みよりもむしろ、その問題点の解決が重要であると認めたのは、1800年になってからのことである。

その後家庭教師を経て、1801年、ヘーゲルはイェーナ大学に私講師の席を手に入れる。このときの就職論文『惑星の軌道に関する哲学的論考』(惑星軌道論)でかねてから興味のあった天文学で尊敬するヨハネス・ケプラー(出身が同じであった。)こそが惑星の運動法則の本質の発見者であり、アイザック・ニュートンは数学的に発見したのみであるとニュートン批判を論じた(これは後に『自然哲学』で再び論じられる。)。 彼の講座は絶大な人気を誇るようになり、同じ時間にショーペンハウアーが講座を開いたが、一人の出席者もないほどであった。その後、員外教授(Extraordinary Professor)に昇進。しかし1806年、プロイセンがナポレオンに征服されると、イェーナ大学は閉鎖せざるを得なくなった。

その後、彼は数年間『バンベルグ新聞』編集者として働き、1811年、マリー・フォン・トゥーハー(Marie von Tucher)と結婚する。1816年、’’『(大)論理学』’’の出版ののち、ギムナジウム校長を経て、ハイデルベルグ大学で正教授となる。彼は講義に出席している生徒のために、自身の哲学を要約した『エンチクロペディー概略(The Encyclopedia of the Philosophical Sentences in Outline)』を出版した。 1818年、ベルリン大学の正教授を務める。プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、政治体制への彼の貢献に対して叙勲し、1830年には、彼を総長に指名した。ベルリンにおいて、彼は体制改革を求める暴動に悩まされることになる。1831年、伝染病のコレラがベルリンに発生し、ヘーゲルは一旦避難したものの、収束する前に戻ったことから感染してしまい、数日の後に61歳で生涯を閉じた。



プレスリリース

2017年11月14日のプレスリリースを紹介します

2017年11月14日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1918年 - チェコスロバキアが共和国宣言。
  • 1930年 - 浜口雄幸首相が狙撃される。
  • 1970年 - 日本で初めてウーマン・リブの大会が開かれる (東京都・渋谷)。
  • 1983年 - 南極観測船「しらせ」が初航海に出発。
  • 2002年 - テレビアニメ「ポケットモンスター」最終話放映。(翌週から同アニメの第二シリーズが開始された。)

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1719年 - レオポルト・モーツァルト (Johann Georg Leopold Mozart)-『おもちゃの交響曲』などを作曲者。モーツァルトの父。(+ 1787年)
  • 1765年 - ロバート・フルトン (Robert Fulton)-発明家。(+ 1815年)
  • 1840年 - クロード・モネ (Claude Monet)-印象派を代表するフランスの画家。(+ 1926年)
  • 1924年 - 力道山 光浩 (リキドウザン ミツヒロ)-日本プロレス界の父。(+ 1963年)
  • 1946年 - 阿藤 快 (アトウ カイ)-グルメ番組でのレポーター、俳優。
  • 1955年 - 早野 宏史 (ハヤノ ヒロシ)-出身の元サッカー選手、解説者、現在は横浜F・マリノス監督。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 565年 - ユスティニアヌス1世 (Justinianus I)-帝国領の再征服を果たす東ローマ皇帝。(* 483年)
  • 1716年 - ゴットフリート・ライプニッツ (Gottfried Wilhelm Leibniz)-ドイツ・ライプツィヒ生まれの哲学者・数学者。(* 1646年)
  • 1825年 - ジャン・パウル (Jean Paul)-ドイツの小説家。(* 1763年)
  • 1831年 - ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル (Georg Wilhelm Friedrich Hegel)-ドイツの哲学者。(* 1770年)
  • 1971年 - 金田一 京助 (きんだいち きょうすけ)-アイヌ語研究で知られている日本の言語学者、民俗学者。(* 1882年)
  • 1988年 - 三木 武夫 (ミキ タケオ)-第66代内閣総理大臣。(* 1907年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • 松の花
  • 花言葉:不老長寿

「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年11月14日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「11月14日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年11月14日15時(日本時間)現在での最新版を取得。