今日は何の日? -2017年11月12日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年11月12日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年11月12日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・洋服記念日

1872年のこの日「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が発布されたことを記念して、全日本洋服協同組合連合会が1972年に制定。

・皮膚の日

1995年に日本臨床皮膚科医学会が制定。「いい(11)ひふ(12)」の語呂合わせ。



今日の人物

孫文(ソンブン)

辛亥革命を起こした中国革命の父

辛亥革命を起こし、中国革命の父と呼ばれる。字は中山、逸仙。中国では前者で欧米では後者の字で知られる。中華民国では国父(國父、Guofu)と呼ばれる。また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として「国父」の扱いをうける。中台両方で尊敬される数少ない人物である。生前は、 その主張を単なる冗談・大言壮語ととらえ、孫大砲(大砲とはほら吹きに対する揶揄的な表現)と呼ぶ者もいた。また非常に短気で激昂しやすい性格であった。中国では孫文よりも孫中山の名称が一般的であり、尊敬の念をこめて「孫中山先生」と呼んでいる。

広東省香山県(現中山市)の客家の農家に生まれる。 ハワイにいた兄の孫眉を頼り、ハワイのキリスト教系学校に学び西洋思想に目覚めるが、兄や母が西洋思想に傾倒する孫文を心配し、中国に戻された。 帰国後、香港西医書院(香港大学の前身)で医学を学びつつ革命思想を抱くようになり、マカオで医師として開業した。 清仏戦争の頃から政治問題に関心を抱き、1894年、ハワイで興中会を組織した。 翌年、広州蜂起に失敗して日本・アメリカ合衆国を経てイギリスに渡り、一時清国公使館に拘留され、その体験を『倫敦被難記』として発表し、世界的に革命家として有名になる。 以後、革命資金を集める為、世界中を巡った。 1905年に興中会、光復会、華興会を糾合して中国同盟会を結成する。

1911年10月10日、武昌蜂起が起き、各省がこれに呼応して独立を訴えた時、孫文はアメリカにいた。 独立した各省は武昌派と上海派に分かれ革命政府をどこに置くか、また革命政府のリーダーを誰にするかで争ったが、孫文が12月25日に上海に帰着すると、革命派はそろって彼の到着に熱狂し、翌1912年1月1日、孫文を臨時大総統とする中華民国が南京に成立した。しかし、孫文は革命政府を維持するため、宣統帝の退位と引き換えに清朝の実力者・袁世凱に総統の座を譲る。袁世凱による独裁が始まると、反袁を唱えて活動するが、袁の軍事力の前に敗れて日本へ亡命した。

袁の死後は広州で政権を樹立して軍閥割拠する中国の統一を図り、ソ連の支援を仰いだ。さらに中国共産党とも協力関係を結ぶ(第一次国共合作)が、これは蒋介石ら反共意識や財閥との結びつきの強い人物からの反発も強く、孫文の死後に大きな揺り戻しが起きることとなる。

1925年、有名な「革命未だならず」「革命尚未成功、同志仍須努力」との一節を遺書に記して(実際には汪兆銘が起草したもの)北京に客死し、南京に葬られた その巨大な墓は中山陵と呼ばれる。また、死の前年の神戸での「大アジア主義講演」は、欧米の侵略主義にたいし東洋の王道平和の思想を説き、日中の友好を訴えた。

孫文は決して民主制を絶対視していたわけではなく、中国民衆の民度は当時まだ低いと評価していたため民主制は時期尚早であるとし、軍政、訓政、憲政の三段階論を唱えていた。また、その革命方略は辺境を重視する根拠地革命であり、宋教仁らの唱える長江流域革命論と対立した。また孫文はアメリカ式大統領制による連邦制国家を目指していたが、宋教仁は議院内閣制による統一政府を目指した。 このように孫文は決して終始革命運動のリーダーとなっていたのではなく、常に対立する宋教仁らと新国家の方針をめぐって争ったのであった。



プレスリリース

2017年11月12日のプレスリリースを紹介します

2017年11月12日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1948年 - 極東国際軍事裁判で25人の戦犯に対し、東條英機ら7人の絞首刑を含む有罪判決。
  • 1986年 - 福岡市地下鉄箱崎線延長部(箱崎九大前駅〜貝塚駅間)が開業し、全通する。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1833年 - アレクサンドル・ボロディン (Alexander Porfir'evich Borodin)-ロシアの作曲家、化学者、医師。(+ 1887年)
  • 1840年 - オーギュスト・ロダン (Auguste Rodin)-フランスの彫刻家。(+ 1917年)
  • 1866年 - 孫文 (ソンブン)-中国の政治家、革命家。(+ 1935年)
  • 1915年 - ロラン・バルト (Roland Barthes)-フランスの記号学者、思想家。(+ 1980年)
  • 1927年 - 谷山 豊 (タニヤマ トヨ)-埼玉県出身の数学者。(+ 1958年)
  • 1958年 - 岩崎 宏美 (イワサ キヒロミ)-東京都江東区出身の歌手、女優。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1916年 - パーシヴァル・ローウェル (Percival Lowell)-天文学者(* 1855年)
  • 1969年 - 劉 少奇 (リュウ ショウキ)-中華人民共和国の国家主席。(* 1898年)
  • 1974年 - 菊池 正士 (キクチ セイシ)-日本の原子物理学の第一人者として知られた男性物理学者。(* 1902年)
  • 1986年 - 島尾 敏雄 (シマオ トシオ)-第十八震洋特攻隊隊長として、奄美大島に赴任もした横浜市出身の作家。(* 1917年)
  • 1986年 - 円地 文子 (エンチ フミコ)-日本の作家。(* 1905年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • レモンの花
  • 花言葉:心からの思慕

「孫文(ソンブン)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年11月12日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「11月12日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年11月12日15時(日本時間)現在での最新版を取得。