今日は何の日? -2017年10月29日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年10月29日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年10月29日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・とらふぐの日

「と(10)らふ(2)ぐ(9)」の語呂合せ。

・ホームビデオ記念日

1969年のこの日、ソニーがβ方式と松下がVHS方式の家庭用のVTRを発表し、ホームビデオ愛好家グループが両陣営に配慮して、この10月29日を「ホームビデオ記念日」としたことによる。



今日の人物

パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels)

ナチスの国民啓蒙・宣伝大臣

1897年、ノルトライン=ヴェストファーレン州メンヒェングラートバッハの事務員の家庭に生まれる。両親は貧しいが敬虔なカトリック教徒であり、ゲッベルスは司祭になるよう望まれた。ギムナジウム在学中の1914年、第一次世界大戦に出征を志願するが、子供の頃小児麻痺にかかった後遺症でやや足が不自由だったため兵役不適格と認定される。

学業成績は優秀で、耐乏生活を送りながら奨学金を受けていくつかの大学で文学、古典文献学、歴史などを学ぶ。このころのゲッベルスにはまだ反ユダヤ主義的傾向は少なく、ハイデルベルク大学で教えを受けたフリードリヒ・グンドルフ教授も、博士論文の指導教授マックス・フォン・ヴァルトベルク男爵もユダヤ人だった。また、ナチ党で地位を得るまでは半ユダヤ人の女性と恋愛関係にあった

1921年ハイデルベルク大学で文学博士号を取得し、ジャーナリストか放送局の文芸部員になろうとしたが失業状態が続く。このときユダヤ系の出版社にも入ろうとしていたが失敗している。ケルンの新聞社に短期間勤めたこともあったが不況のため解雇され、家族には失業後も通勤を装うなどゲッベルスは失意の底にあった。しかし優等生としての自負は却って大きくなり、署名には必ず「ドクトル」と添えるなどずっと後になっても知識人としての自分を誇示し続けた。

その後ワイマールで行われた集会で国家社会主義に触れ、1924年8月21日メンヒェングラットバッハに「国家社会主義大ドイツ独立運動」支部を設立する。これは国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)が、ヒトラーのミュンヒェン一揆が鎮圧されて非合法になった後その隠れ蓑として設立されたダミー団体だった。また、1924年10月1日から「民族的自由」紙主筆を務め、ユダヤ人出版業者の攻撃を始めている。

1925年3月、ナチ党ノルトライン・ヴェストファーレン支部の幹部党員となる。数々の演説で頭角を現すが、このころはまだゲッベルスの立場は失業時代のブルジョワジーに対する反感から党内左派のシュトラッサーに近く、ヒトラーのことは「資本家寄りに過ぎる」と非難する側だった。

しかし翌1926年2月14日にバンベルクで開かれた幹部会議では早くも手のひらを返したようにヒトラー支持、シュトラッサー非難に転じ、見返りにベルリン・ブランデンブルク大管区指導者に任命される。「赤いベルリン」と呼ばれ共産主義と社会主義の牙城だったこの地区を任されたゲッベルスは扇動者としての能力を発揮し、南部に偏りがちだったナチ党は北ドイツでも勢力の拡大に成功した。1927年には「アングリフ(攻撃)」誌を発刊し、他の新聞・雑誌や他政党に対する言論戦を本格化する。他紙を論破するのではなく、大活字で他紙を罵って読者の感情を揺さぶり、他紙の反論を招けば招くほどナチ党とその主張の宣伝になるという方法だった。

1928年全国選挙に初当選、国会議員となる。1933年ゲッベルスはナチ党の政権掌握に伴って新設された「国民啓蒙・宣伝省」の大臣となり、強制同一化やユダヤ商店ボイコット運動などを推し進めていく。その後も退廃芸術展開催、芸術文化領域からのユダヤ人追放、映画会社最大手ウーファー買収などによって国家がメディア・芸術全体を支配するようになる。

第二次世界大戦開戦後も絶え間なく国民に対する情報戦を展開し、大戦末期にドイツが劣勢に転じた後も、爆撃にあった都市のために救援隊を組織したり、徴兵されなかった中年・少年男性を集めて国民防衛隊「人狼」を設立したりして国民の人気を集めた。敗勢が決定的になってヒトラーがほとんど演説をしなくなるとその代役を務め、連合軍に対して最後まで抵抗するようラジオで国民に呼びかけた。自らの宣伝省が爆撃によって破壊された時はかなりのショックを受けたと日記に記している。

1945年4月25日ゲッベルスはヒトラーとエヴァ・ブラウンの結婚の立会人となり、その後の二人の死を見届ける。4月30日、ヒトラーの遺言により首相に就任するも、5月1日、5人の娘と1人の息子に青酸カリを与えて殺したあと、マグダ夫人と共に自殺し、夫婦でナチ党に殉じた。



プレスリリース

2017年10月29日のプレスリリースを紹介します

2017年10月29日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1890年 - 凌雲閣(浅草十二階)竣工。
  • 1929年 - 悲劇の火曜日。ニューヨークのウォール街で5日前の暗黒の木曜日に続いて株価が再度大暴落。
  • 1936年 - イラクでバクル・シドキ将軍によるクーデター起こる。
  • 1956年 - 第二次中東戦争勃発。
  • 1981年 - 宮崎自動車道が全線開通。
  • 1998年 - Jリーグ・横浜フリューゲルスと横浜マリノスの合併が発表される。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1837年 - フランツ・フォン・パーペン (Franz Joseph Hermann Michael Maria von Papen)-ドイツの政治家。首相。(+ 1969年)
  • 1897年 - パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス (Paul Joseph Goebbels)-ナチス・ドイツ宣伝大臣。(+ 1945年)
  • 1906年 - フレドリック・ブラウン (Fredric William Brown)-小説家。(+ 1972年)
  • 1929年 - 春風亭 柳朝 (シュンプウテイ リュウチョウ)-落語家。(+ 1991年)

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1678年 - 徳川 綱重 (トクガワ ツナシゲ)-徳川家光三男、甲府藩主。(* 1644年)
  • 1783年 - ジャン・ル・ロン・ダランベール (Jean Le Rond d'Alembert)-フランスの数学者、物理学者、哲学者。(* 1717年)
  • 1911年 - ジョセフ・ピュリッツァー (Joseph Pulitzer)-新聞出版者およびジャーナリスト。(* 1847年)
  • 1949年 - 中島 知久平 (ナカジマ チクヘイ)-実業家。(* 1884年)
  • 1993年 - マキノ雅弘 (まきのまさひろ)-映画監督。脚本家。映画プロデューサー。(* 1908年)
  • 2002年 - 坂本 多加雄 (サカモト タカオ)-元学習院大学法学部教授。専門は、日本政治思想史。法学博士。(* 1950年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • ストレプトカーパス
  • 花言葉:信頼に応える

「パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月29日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「10月29日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月29日15時(日本時間)現在での最新版を取得。