今日は何の日? -2017年10月27日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年10月27日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年10月27日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・書週間

1924年(大正13年)に図書館の利用PRを目的に始められた「図書館週間」を母体に1933年(昭和8年)には東京書籍商組合主催の「図書祭」に改称され、1947年(昭和22年)からは図書週間実行委員会の主催で「読書週間」と改称した。翌1948年(昭和23年)からは「文化の日」にまたがる2週間に期間が延長され、1959年(昭和34年)には読書推進運動協議会が主催団体となった。

・テディベアズ・デー

テディベアの名前の由来となったアメリカ26代大統領セオドア・ルーズベルトの誕生日。イギリスのテディベアコレクターの間で始められ、世界中で「心の支えを必要とする人たちにテディベアを贈る運動」が行われている。日本では日本テディベア協会が1997年から実施。



今日の人物

セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt, Jr)

アメリカ合衆国第26代大統領

ルーズベルトは1858年10月27日にセオドア・ルーズベルトおよびマーサ・ブロックの息子としてニューヨークシティで生まれた。幼少時は病弱で、それを克服するため運動を好むようになり、グランド・キャニオンのような自然の地域に通い、アウトドアスポーツに熱中した。彼の精力的な規範は20世紀初頭、都市のスポーツ・ブームの中で運動の流行に影響を及ぼした。

彼は1880年にハーバード大学を卒業し、1882年から1884年までニューヨーク州会議のメンバーだった。1884年2月14日に最初の妻、アリス・リー・ルーズベルトと死別した。彼の妻は最初の娘アリスを生んだあとで、妊娠により診断未確定だった腎臓病に苦しんでいた。彼は妻の死後にノースダコタ州へ転居し、農場に住んでいた。1886年12月に、イーディス・カロウと再婚。彼女との間に5人の子供(セオドア・ルーズベルトジュニア、カーミット、エセル、アーチボルドおよびクウェンティン)をもうけた。彼がニューヨークに戻ったのは1886年で、ベンジャミン・ハリソン大統領によってアメリカ行政委員会(1889年 - 1895年)のメンバーに指名され、ニューヨーク市警の警察部長を辞職した。その後、ウィリアム・マッキンリー大統領によって、海軍次官に任命された(1897年 - 1898年)が、米西戦争に従軍するためその職を辞した。

ルーズベルトは米西戦争の間に「ラフ・ライダース」連隊の指揮官として全国的に名が知れ渡った。戦争後は警視総監および州知事として、ニューヨーク州の政界で有名になった。1900年大統領選の副大統領候補として当選、翌年9月大統領マッキンリーの死去(暗殺)に伴い大統領に昇格する。なお就任時の42歳と10ヶ月は史上最年少である。ちなみに、テディベアが誕生したのは大統領就任後のことである。1905年には日露戦争で日本・ロシア間の調停をつとめ、停戦からポーツマス条約での和平交渉に尽力した。この和平交渉の斡旋によってルーズベルトは1906年ノーベル平和賞を受賞した。

一方で国内では反トラスト法を発動して独占資本を規制し、対外的には海軍力を盾にカリブ海政策を推し進め(棍棒外交)日露戦争後は艦隊(グレート・ホワイト・フリート)を日本に寄港させ強大化しつつある日本をけん制。その人気にもかかわらず、彼は1908年の大統領選へ出馬しないことを決定した。代わりに、彼の政策を継続してくれるだろうと考え長年の友人ウィリアム・ハワード・タフトを支持した。しかしながら、タフトの勝利後に、ルーズベルトは、タフトが自分の政策に反する考えを持つことが分かり、ますます悩まされるようになった。

その結果、1912年にルーズベルトは革新党(ブル・ムース)公認候補として大統領選に立候補し、タフトに対抗した。彼は1912年10月14日ウィスコンシン州ミルウォーキーでの遊説中に、酒場の主人ジョン・シュランクによって銃撃された。軽傷だったためルーズベルトはそのまま予定されたスピーチを行った。傷は重傷ではなかったが、医者は弾丸の摘出を危険だと考え手術を行わなかった。このため彼は死ぬまで胸部に弾丸を入れたままだった。しかし、結局彼は大統領選に敗れた。ルーズベルトの出馬により共和党の支持票は割れ、民主党候補ウッドロー・ウィルソンの勝利に貢献してしまった。ルーズベルトは友人のタフト以上にウィルソンを嫌っており、ウィルソンが再選されるのを防ぐために1916年に再出馬した。しかし前回同様破れてしまった。

1919年1月6日ニューヨーク州ナッソー郡オイスター・ベイで死去、遺体はヤング記念墓地に葬られた。



プレスリリース

2017年10月27日のプレスリリースを紹介します

2017年10月27日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

ビジネスセミナー

2017年10月27日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年10月27日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1806年 - ナポレオン戦争: ベルリンがフランスの占領下に置かれる。
  • 1810年 - アメリカ合衆国が西フロリダの併合を宣言。
  • 1870年 - 普仏戦争: バセーヌ元帥率いるメス要塞守備のフランス軍がプロイセンに降伏。
  • 1876年 - 秋月の乱勃発。
  • 1901年 - クロード・ドビュッシーの管弦楽作品『夜想曲』が初演。
  • 1904年 - ニューヨーク市地下鉄の初の路線が開業。
  • 1924年 - ソビエト連邦の構成共和国としてウズベク・ソビエト社会主義共和国成立。
  • 1949年 - パリ発ニューヨーク行きの旅客機が、アゾレス諸島付近で墜落、ヴァイオリニストジネット・ヌヴーとプロボクサーマルセル・セルダンが犠牲者名簿に名を連ねた。
  • 1971年 - コンゴ民主共和国が国号をザイール共和国に改称。
  • 1979年 - セントビンセントおよびグレナディーン諸島がイギリスから独立。
  • 1981年 - ウィスキー・オン・ザ・ロック、ソ連海軍のウィスキー級潜水艦U-137がスウェーデンの領海内で座礁、両国間の外交問題に発展する。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1728年 - ジェームズ・クック (James Cook)-探検家。(+ 1779年)
  • 1782年 - ニコロ・パガニーニ (Nicolò Paganini)-イタリアのヴァイオリニスト、ヴィオラ奏者、ギタリストであり、作曲家。(+ 1840年)
  • 1858年 - 斎藤 実 (サイトウ マコト)-第30代内閣総理大臣。(+ 1936年)
  • 1858年 - セオドア・ルーズベルト (Theodore Roosevelt, Jr)-アメリカ合衆国の第25代副大統領および第26代大統領。(+ 1919年)
  • 1933年 - 半村 良 (ハンムラ リョウ)-小説家。(+ 2002年)

▲ページトップに戻る

忌日

  • 777年 - 藤原 良継 (フジワラ ノ ヨシツグ)-奈良時代の貴族。
  • 1553年 - ミシェル・セルヴェ (Michel Servet)-宗教改革期の人文主義者、医学者、神学者。(* 1511年)
  • 1916年 - 岩本 栄之助 (イワモト エイノスケ)-大阪の株式仲買人。(* 1877年)
  • 1949年 - ジネット・ヌヴー (Ginette Neveu)-フランス人ヴァイオリニスト。(* 1919年)
  • 1981年 - 広瀬 秀雄 (ヒロセ ヒデオ)-兵庫県姫路市出身の天文学者。(* 1909年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • グリーンネックレス
  • 花言葉:健やかな成長

「セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt, Jr)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月27日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「10月27日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月27日15時(日本時間)現在での最新版を取得。