今日は何の日? -2017年10月25日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年10月25日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年10月25日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・民間航空記念日

1951年(昭和26年)のこの日、戦後最初の民間航空として誕生した日本航空の「もくせい号」が東京−福岡間に就航した。

・世界パスタデー

1995(平成7)年、イタリアで世界パスタ会議が開催されました。EUやイタリアパスタ製造業者連合会などが合同でパスタの販売促進キャンペーンを行っています。

・リクエストの日

1936(昭和11)年、ベルリンのドイツ放送で、ラジオのリクエスト番組が始りました。生演奏番組の放送中にリスナーから、希望する曲目を演奏して欲しいと電話があったのがきっかけで始められたもので、その後リクエスト番組は大ヒットしました。



今日の人物

エヴァリスト・ガロア(Evariste Galois)

フランスの数学者

ガロアは、フランス革命から20年の後、ナポレオンがフランス皇帝の時代にパリ郊外に生まれた。ガロアは幼少の間は家庭で教育を受けており、古典などをよく学んだ。12歳でパリの名門リセであるルイ・ル・グラン校に入学したが、当時のフランスでは数学教育は重視されておらず、数学は将来の進む方向によって補習科で教えられていたのみだった。ガロアがはじめて数学に興味をもったのは、「成績が悪い」ということで最上級から1年下げられ、2年も同じ学科を勉強するのもつまらないので、人気のなかった数学の授業に出た時であった。優秀な教師リシャールに出会ったこともあり、予習でルジャンドルが著した初等幾何学の教科書を読みはじめたところ、すっかり熱中してしまい、2年間の教材を2日間で読み解いてしまった。やがて図書館でラグランジュやアーベルなどの著作を読みあさるようになり、数学者になろうと決心したようである。

ガロアは有名な数学者を数多く生み出したエコール・ポリテクニークを受験したが、十分な準備を怠ったために失敗してしまった(一説には、面接試験で、腹立たしい質問をされて、面接官に向かって黒板消しを投げつけたために落とされたとも言われている)。この頃、当時の数学において最もむずかしい問題に1つの解答をみつけ、17歳のとき最初の論文をコーシーに預けフランス学士院に提出するように頼んだが、コーシーはそれを紛失してしまう。別の説では、それが高校生からのものだと知り、読まずに捨ててしまったとも言われている。翌年エコール・ポリテクニークに再挑戦するが再び不合格。結局1829年に高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)に入学している。この間、彼を支持していた父親が牧師の策略にかかって傷つき自殺してしまった。在学中から共和派として革命運動に参加(より過激なジャコバンとの交友もあった)、校長の批判をするなどして、高等師範学校を1年で退学処分にされている。1830年には科学アカデミーの数学大賞に応募すべく論文を提出している。その論文は当時科学アカデミーの幹事であったフーリエが家に持ち帰ったが、その後まもなく死亡してしまったため 紛失してしまった。

このように数々の不幸と不運に見舞われ、フランス7月革命に傾倒、国民軍に身を投じる。やがて逮捕され、サント・ペラジー刑務所での生活がはじまり、ここで再度論文をフランス学士院に提出、ポアソンによってレビューされたが理解されなかった。ガロアはこの論文を短くして再提出した。ガロアの業績が理解されたのは、1843年にリウヴィルが原稿を再調査した際にノルウェーの数学者アーベルが最初に提案した問題を既に解決していたと宣言した時であった。この論文は1846年にリウヴィルの編集する『純粋・応用数学雑誌』に掲載された。

決闘の原因はある女性の名誉を守るためといわれるが、忠実な共和党員であった彼は、コップの上に短刀を掲げてルイ=フィリップに乾杯をするなどしていたため、彼の決闘による死は反動派か秘密警察によるものともいわれている。

決闘の前夜、ガロアは死が差し迫っていることを悟り、寝ずに共和党員の友人オーギュスト・シュバリエにガロアの数学の遺書となる手紙を書いた。この手紙で、解析学における最近の研究の概略を述べ、フランス学士院に送った論文原稿への注記を添付している(この遺書に5次方程式の、楕円モジュラー関数を用いた、超越的解の公式のアイディアが書かれていた)。1832年5月30日早朝、腹部に銃弾を受け、翌日牧師による祈祷を拒んだ後、10時にコーチン病院で死亡した。

ガロアが彼の弟であるアルフレッドに発した最期の言葉は、「泣くな、20歳で死ぬには勇気が必要なんだ」。



ビジネスセミナー

2017年10月25日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年10月25日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1854年 - クリミア戦争の激戦のひとつバラクラヴァの戦いが起こる。
  • 1944年 - 神風特別攻撃隊初の出撃。
  • 1960年 - 横田喜三郎が最高裁判所長官に就任。
  • 1964年 - 池田勇人首相(当時)が辞意を表明。
  • 1968年 - 和田アキ子がシングル『星空の孤独』で歌手デビュー。
  • 1971年 - アルバニア決議により中華人民共和国国連に加盟。中華民国(台湾)脱退し、常任理事国交代。
  • 1972年 - 海援隊がシングル『海援隊が行く』でレコードデビュー。
  • 1983年 - アメリカ軍とカリブ海諸国6ヶ国連合軍によるグレナダ侵攻開始。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1811年 - エヴァリスト・ガロア (Evariste Galois)-フランスの数学者および革命家。(+ 1832年)
  • 1825年 - ヨハン・シュトラウス2世 (Johann Strauss II)-作曲家。(+ 1899年)
  • 1838年 - ジョルジュ・ビゼー (Georges Bizet)-作曲家。(+ 1875年)
  • 1881年 - パブロ・ピカソ (Pablo Picasso)-キュビスムの創始者であるフランスで制作活動をした画家・彫刻家。(+ 1973年)
  • 1909年 - 土門 拳 (ドモン ケン)-写真家。(+ 1990年)
  • 1911年 - 花森 安治 (ハナモリ ヤスジ)-編集者、グラフィックデザイナー。(+ 1978年)

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1760年 - ジョージ2世 (George II)-イギリス・ハノーヴァー家第2代国王。(* 1683年)
  • 1861年 - フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニー (Friedrich Carl von Savigny)-法学者。(* 1779年)
  • 1957年 - ロード・ダンセイニ (Lord Dunsany)-アイルランド出身のファンタジー小説家、詩人、戯曲家。ダブリン近郊の名門貴族。(* 1878年)
  • 1963年 - 渋沢 敬三 (シブサワ ケイゾウ)-日本の財界人、民俗学者、日本銀行第16代総裁、幣原内閣の大蔵大臣。(* 1896年)
  • 1973年 - アベベ・ビキラ (Abebe Bikila)-エチオピア出身のマラソン選手。(* 1932年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • ユーカリ
  • 花言葉:新生

「エヴァリスト・ガロア(Evariste Galois)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月25日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「10月25日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月25日15時(日本時間)現在での最新版を取得。