今日は何の日? -2017年10月23日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年10月23日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年10月23日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・電信電話記念日

1869年の9月19日(新暦では10月23日)に、東京・横浜間に日本で初の公衆電信線の架設工事が始められたことに由来する。1950年(昭和25年)に日本電信電話公社が制定。

・津軽弁の日

津軽弁の日やるべし会が制定。方言詩人・高木恭造の命日。



今日の人物

松井 稼頭央(マツイ カズオ)

日本が生んだメジャーリーガー

PL学園から1994年、西武ライオンズに入団。高校時代は「桑田2世」とも呼ばれた投手であったが西武が野手として指名したことが見事に開花した(時のPL学園中村順司監督は、西武首脳陣に対して「松井をブルペンに連れて行かないでください」とお願いしていた。これは、同監督が松井稼頭央の野手としての能力を見抜いていたから、と言われている)。入団当初の背番号は32番、1997年から7番に。 1997年には初めてファン投票選出されたサンヨーオールスターゲームで古田敦也から衝撃的な4盗塁を評価されMVPを獲得。この年から3年連続でパシフィック・リーグの盗塁王を獲得(1998年には盗塁王争いに関連して、故意のボーク疑惑が発生した)。1997年から退団まで8年連続で打率3割、また2002年にスイッチヒッターとしては初めてのトリプルスリーを達成するなど次第に長打力も身につけ、「西武の未来を作る男」として連続Aクラスに貢献した。20世紀センチュリーベストナインにも選出された。

俊足、巧打力、長打力、強肩、更には抜群の守備範囲をもつ、いわゆるファイブツールプレーヤーとして大いにその名を轟かせた。彼の八面六臂の活躍は早い時期からメジャーリーグのスカウトからも評価され、また松井自身もメジャーリーグへの憧れが強かった。そして2004年、アメリカメジャーリーグ・ニューヨーク・メッツにFA移籍した(背番号は25番)。同じメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースに松井秀喜がいるため、日本のマスコミでの表記は「松井稼」となっているが、リトル松井と呼ばれることもある。また米国製のスポーツカードには、Kaz Matsuiと表記されるものもある('Kazu'は石井一久のイメージが強い)。ちなみに、日本プロ野球史上で開幕戦初回先頭打者本塁打記録したPL出身者は松井の6年先輩の97年立浪和義のみ。

開幕前こそ練習中の怪我等で出遅れたが、2004年4月6日(現地時間)の対アトランタ・ブレーブスの開幕戦で、前年度に21勝をあげたラス・オルティス投手から開幕戦・新人・初打席・初球ホームラン(メジャー初)の離れ業を達成。メッツのアート・ハウ監督(当時)をして「おとぎ話のようだ」と言わしめた。また、2005年の開幕戦(対シンシナティ・レッズ)の初打席でソロホームランを打ち、2年連続開幕戦初打席初本塁打を記録。2006年のメジャー昇格初戦(対サンディエゴ・パドレス)の初打席でも日本人初のランニングホームランを打ち、3年連続シーズン初打席初本塁打という記録(メジャー4人目)を達成。夫人は元タレントの菊池美緒で、2000年1月12日に結婚した。

2004年シーズン当初のポジションは遊撃手であったが、シーズン途中にエラーの多さから松井移籍前まで正遊撃手で二塁にコンバートされていたホゼ・レイエスが本来の位置に戻され、代わりとして二塁手にコンバートされたがその二塁の座も守りきれず、シーズン終盤は控えに甘んじた。

トップレベルのサラリーで鳴り物入りで契約したが、メジャーのプレースタイルが合わなかったのか、あるいは天然芝特有のイレギュラーバウンド対応ができなかったのか、2004年以降は怪我が多く、打撃・守備ともに極めて低迷しており日本の活躍からは考えられないくらい大不振に陥っている。地元紙ニューヨークデイリーニュースでは「メッツの最優先課題はマツイを放出するべき」とほぼ毎日のように叩かれ、ホームスタジアムでは観客から盛大なブーイングを浴びている。メッツファンで有名な不動産王ドナルド・トランプからは、「メッツの成績を落とした最大の元凶選手」と名指しで批判された。2005年には高年俸に釣り合わない成績と、シーズン前の期待の反動からMLB"ワースト"オールスターに、2006年にはFOXテレビにおいて『年俸と成績が釣り合っていない5人』にそれぞれ選出される。2006年6月9日、メッツからコロラド・ロッキーズへトレード移籍。

新天地ロッキーズではシーズン終盤から主として二塁手として先発出場。32試合の出場ながら、打率.345、2本塁打、19打点、8盗塁と好調を維持した。FAとなったがチームと単年契約を締結して残留、150万ドル(約1億8000万円)で打席数に応じて最高100万ドル(約1億1800万円)の出来高がつくという(数字は地元紙推定)。2007年も度々故障に苦しみはしたが、チャンスに強い打撃やスキの無い走塁を度々見せ、中盤以降は二塁の定位置をほぼ手中にした。特に、メッツ時代に度々非難の的となった守備面が大きく改善され(シーズン4失策)、持ち味である積極性が大いに発揮されたシーズンとなった。

2007年、ロッキーズはレギュラーシーズン終盤から22試合で21勝。驚異的な勝率で史上初の「地区シリーズから無傷の7連勝」を果たし、ワールドシリーズ進出を決めた。松井もこの異的な快進撃にトップバッターとして貢献。ワールドシリーズでは、元チームメートの松坂大輔との、史上初の「日本人対決」が実現した。



プレスリリース

2017年10月23日のプレスリリースを紹介します

2017年10月23日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

ビジネスセミナー

2017年10月23日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年10月23日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1868年 - 元号が慶応から明治に改元。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: エル・アラメインの戦い第二次会戦はじまる。
  • 1944年 - 太平洋戦争: レイテ沖海戦はじまる。
  • 1956年 - ハンガリー動乱。ハンガリーの首都ブタペストでソ連軍の撤退などを求める20万人のデモ隊が治安警察と衝突。
  • 1964年 - 東京オリンピック女子バレーボールで日本がソ連を下し金メダルを獲得。
  • 1973年 - 江崎玲於奈にノーベル物理学賞が贈られることが決定する。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1805年 - アーダルベルト・シュティフター (Adalbert Stifter)-オーストリアの画家、小説家。(+ 1868年)
  • 1837年 - 大倉 喜八郎 (オオクラ キハチロウ)-大倉財閥の設立者。(+ 1923年)
  • 1875年 - ギルバート・ルイス ()-化学者。(+ 1946年)
  • 1931年 - ジャニー 喜多川 (ジャニー キタガワ)-日本の実業家・芸能プロモーターで、ジャニーズ事務所の社長である。
  • 1931年 - ウィリアム・パトリック・クラーク (William Patrick Clark)-アメリカ合衆国の政治家。
  • 1932年 - 森田 実 (モリタ ミノル)-政治評論家。
  • 1942年 - マイケル・クライトン (Michael John Crichton)-小説家、SF作家、映画監督、脚本家。
  • 1975年 - 松井 稼頭央 (マツイ カズオ)-コロラド・ロッキーズ所属のメジャーリーガー。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1944年 - チャールズ・バークラ (Charles Glover Barkla)-イギリスの物理学者である。(* 1877年)
  • 1946年 - アーネスト・トンプソン・シートン (Ernest Thompson Seton)-アメリカの博物学者、作家、画家。(* 1860年)
  • 1978年 - 千島 喜久男 (チシマ キクオ)-生物学者・医学博士。(* 1899年)
  • 2002年 - 山本 夏彦 (ヤマモト ナツヒコ)-随筆家。(* 1915年)
  • 2003年 - 宋美齢 (ソウ ビレイ)-中華民国の指導者、蒋介石の妻。(* 1897年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • シコンノボタン
  • 花言葉:平静

「松井 稼頭央(マツイ カズオ)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月23日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「10月23日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月23日15時(日本時間)現在での最新版を取得。