今日は何の日? -2017年10月09日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年10月09日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年10月09日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・万国郵便連合記念日

1874年のこの日、世界全体をひとつの地域として自由に郵便が出し合えるようにと万国郵便連合(UPU)が結成されたことに由来する。1969年に「UPUの日」が制定され、1984年に世界郵便デーとなった。

・塾の日

全国学習塾協会が「10」「9」と「じゅく」の語呂合わせで制定。



今日の人物

チェ・ゲバラ(Che Guevara)

キューバゲリラ指導者。

1928年アルゼンチン第二の都市ロサリオで誕生する。経済的には恵まれた家庭で生まれ、両親は保守的な慣習にとらわれない比較的リベラルな思想の持ち主であった。未熟児として生まれたチェは肺炎を患い、2歳にして重度の喘息と診断された。幼い頃のチェはけいれんを伴う喘息の発作で生命の危機に陥り、その度に酸素吸入器を使用して回復する状態であった。しかしチェは激しいスポーツを愛好し、プレイ中発作を起こしては酸素吸入器を使用し、また試合にもどった。重度の喘息は彼を一生苦しませた。ブエノスアイレス大学で医学を学ぶ。在学中の1951年にオートバイで南アメリカをまわる放浪旅行を経験し、南米各地の状況を見聞するうちにマルクス主義革命を志すようになった。

1953年に大学を卒業した後、J.D.ペロンの独裁政権下のアルゼンチンを離れ、アルベンス・グスマン社会主義政権下のグアテマラに行く。グスマン政権がCIAに後押しされた反抗勢力に倒されると、メキシコに移り、この地に亡命中のフィデル・カストロと出会った。キューバのフルヘンシオ・バティスタ独裁政権打倒を目指すカストロに共感したゲバラは、このときに反バティスタ武装ゲリラ闘争への参加を決意したとされている。1956年、メキシコでカストロとゲバラが組織した革命軍は、メキシコから一隻のクルーザー「グランマ号」でキューバへ渡る。上陸後すぐにバティスタ政権側の攻撃を受け、80人のメンバーは12人しか生き残らなかったが、カストロとゲバラは生存者であった。彼らは、キューバ東部のシエラ・マエストラ山地に篭って再起し、武装闘争を継続した。カストロのゲリラの指導のもとに次第に反政府勢力が結集し、1959年、ついにバティスタは亡命。

カストロの革命政権のもとでキューバ国立銀行総裁、工業相、キューバ統一革命組織幹部会員などを歴任し、外交の面でも重要な役割を果たした。彼はこれらの重責の傍ら、農民らと共に厳しい農作業に参加することを自身に課していた。重度の喘息を持つ彼は厳しい農作業の中発作を起こすことがあったが、人知れぬよう酸素を吸入し、なにくわぬ様子で作業へ戻った。チェは工業大臣として日本を訪問し、工場の視察などを行っている。日本の労働者の勤勉さに深い感銘を受けたと記録されている。

国立銀行総裁として、紙幣の印刷をチェコスロバキアに依頼し、彼は紙幣の図案に「Che」とだけサインしている。しかし、革命政権の運営方針やソ連との関係をめぐって現実的な「政治」を行わなければならないカストロとは次第に距離感が生まれ、チェはゲリラ戦争の経験を活かした革命を他の国でも成し遂げるべくキューバを離れる。この際にチェはキューバ国民への別れの手紙を書き、手紙を託されたカストロが代読した。

アフリカのコンゴで革命を指導した後、南米のボリビアに渡るが、1967年10月8日、20名前後のゲリラ部隊とともに行動中、この地でアメリカ合衆国政府CIAが派遣した軍事顧問により対ゲリラ戦の訓練を受けたボリビア政府軍のレンジャー大隊の襲撃を受け捕えられ、その翌日に殺害された。

最期の言葉は、射殺を躊躇する兵士に向けて放った「ここにいるのは英雄ではない。ただの一人の男だ。撃て! 臆病者め!!」。

チェ・ゲバラの生涯と思想は西側の若者や革命を目指す者たちに熱狂的にもてはやされ、その写真は1960年代の後半頃からTシャツやポスターに印刷されるシンボルとなった。南米の大学では、現在でもゲリラ時代のチェの顔を描いた大きな垂れ幕を掲げているところがある。1997年、死後30年にしてゲバラの遺骨がボリビアで発見され、遺族らが居るキューバへ送られた。キューバではゲバラの「帰国」を迎える週間が設けられ、彼の遺体を霊廟へ送る列には多くのキューバ国民が集まった。フィデル=カストロは長時間のスピーチで有名であるが、この時のスピーチは珍しく簡潔であった。ゲバラの遺体は霊廟に葬られた。



ビジネスセミナー

2017年10月09日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年10月09日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1799年 - ナポレオンがエジプト遠征からパリに帰還。
  • 1874年 - 万国郵便連合が発足。
  • 1885年 - 日本がメートル条約に加入。
  • 1905年 - 日露反戦論を展開した平民社が弾圧により解散、幸徳秋水らが入獄。
  • 1916年 - 寺内正毅内閣が成立。
  • 1945年 - 幣原喜重郎内閣が成立。
  • 1945年 - GHQが新聞の事前検閲を在京5紙に対して開始。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1859年 - アルフレド・ドレフュス (Alfred Dreyfus)-ドレフュス事件の主人公であるフランス軍人。(+ 1935年)
  • 1918年 - エヴェレット・ハワード・ハント (Everrette Howard Hunt Jr)-元アメリカ中央情報局(CIA)職員、作家。(+ 2007年)
  • 1940年 - ジョン・レノン (John Winston Ono Lennon)-20世紀ミュージシャンの象徴、ザ・ビートルズのメンバー。(+ 1980年)
  • 1945年 - 水前寺 清子 (スイゼンジ キヨコ)-歌手。
  • 1950年 - 仲井 戸麗市 (ナカイド レイチ)-ミュージシャン。
  • 1957年 - 野沢 由香里 (ノザワ ユカリ)-女優。
  • 1967年 - エディ・ゲレロ (Eddie Guerrero)-アメリカ合衆国テキサス州エル・パソ出身のプロレスラー。(+ 2005年)

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1597年 - 足利 義昭 (アシカガ ヨシアキ)-室町幕府15代将軍。(* 1537年)
  • 1925年 - フーゴー・プロイス (Hugo Preuss)-法学者。(* 1860年)
  • 1967年 - チェ・ゲバラ (Che Guevara)-革命家、ゲリラの指導者、医師。(* 1928年)
  • 1969年 - 正力 松太郎 (ショウリキ マツタロウ)-読売新聞社主。(* 1885年)
  • 1974年 - オスカー・シンドラー (Oskar Schindler)-ナチスから迫害を受けていたユダヤ人を救ったドイツ人の実業家。(* 1908年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • らいきょう
  • 花言葉:賞賛

「チェ・ゲバラ(Che Guevara)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月09日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「10月09日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年10月09日15時(日本時間)現在での最新版を取得。