今日は何の日? -2017年09月29日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年09月29日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年09月29日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・招き猫の日

「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合わせから、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会が記念日に制定しました。この日を中心に、伊勢の「おかげ横丁」の福招き猫際をはじめ、日本各地で記念行事などが開催されます。右手上げは「金運招来」、左上げは「千客万来」といわれています。

・日中国交正常化の日

昭和47年、日本と中華人民共和国との間の国交正常化共同声明(日中共同声明)の調印式が北京で行われ、田中角栄、周恩来両首相が署名しました。



今日の人物

ホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson)

アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。

1779年に21歳で勅任艦長となる。1784年、最先任艦長(副司令官格)として小アンティル諸島の鎮守府に赴任。独立後間もなかったアメリカ商船の取り扱いなどをめぐって、現地の上官や農場主たちとの間で摩擦を起こす。1787年、西インド諸島のネヴィス島で知り合った、未亡人フランシス・ニズベットと結婚。

1796年、新任の地中海艦隊司令官ジョン・ジャーヴィスのもとで戦隊司令官に任ぜられる。1797年、サン・ヴィセンテ岬沖の海戦に参加。後方の戦列を担っていたが、艦隊司令官の命令を無視して逃走するスペイン艦隊へ突入、激しい砲火をまじえ、結果として2隻の敵艦を拿捕した。この功績でバス勲爵士に叙せられ、青色艦隊少将へ昇進する。

1798年、地中海分遣艦隊を率いてツーロンで、エジプト遠征を企てるナポレオンのフランス艦隊の封鎖任務にあたるが、嵐をさけて寄港していた隙に仏艦隊の出港を許してしまう。その後も追跡を続けたが、フリゲートの不足などの悪条件もあって、結果的にナポレオンのエジプト上陸、アレキサンドリア入城を許すことになった。

しかし、アブキール湾停留中だったフランス艦隊を発見すると、浅瀬を背にして縦陣をしく当時としては万全とされていた防御姿勢をとる同艦隊に対して、自分の艦隊を艦と艦の間をすりぬけさせ、狭撃するという戦術でこれを撃滅してのけた(ナイルの海戦)。この海戦の敗退によって、フランス海軍には、ネルソン恐怖症が広がり、後にトラファルガーにまで引きずることになる。

1801年青色艦隊中将に昇進。副司令官としてコペンハーゲンの海戦を指揮。あまりの激戦に司令官であるハイド・パーカーが「戦闘中止」を命じた信号旗を、見えない右目に望遠鏡を当てて黙殺した逸話が有名だが、厳密にいうとこれは「必要なら戦闘中止せよ」の信号を、副司令官のネルソンがその必要なしと各艦に転送しなかったということである。ともあれ、それほどの戦いを辛くも勝利し、彼は戦功によって子爵に叙せられる。

戦闘開始を告げ、兵士たちを鼓舞した“England expects that every man will do his duty”(英国は各員がその義務を全うすることを期待する)の信号旗は、現在も名文句として残る。ネルソン自身は“Nelson convinced that every man will do his duty ”(ネルソンは各員がその義務を全うすることを確信する)としたかったのだが、続けて「接近戦を行え」の指示を送らなくてはならなかったので、信号士官の進言を受け、より少ない旗ですばやく信号をおくれる、「英国は〜期待する」の方を採用したものだった。

一方で連合艦隊のヴィルヌーブ提督も接近戦を狙うネルソンの意図は察しており、各艦に狙撃手を配置していた。ネルソン自身はその戦勝と引き換えに狙撃され、戦死する。旗艦「ヴィクトリー」上で指揮を執るネルソンは4つの勲章(正確にはそれを模した布製のレプリカ)を胸にしており、狙撃をおそれた副官らからコートを羽織るように進言されても、「立派な行いでこれをもらったのだ、死ぬ時もこれをつけていたい」と退けた。



プレスリリース

2017年09月29日のプレスリリースを紹介します

2017年09月29日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

ビジネスセミナー

2017年09月29日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年09月29日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1829年 - スコットランドヤード発足。
  • 1864年 - 南北戦争でハリソン要塞の戦い。
  • 1902年 - ニューヨーク・ブロードウェイに初の商業ミュージカル劇場開場。
  • 1920年 - ブラックソックス事件で八百長が囁かれたホワイトソックスの8選手が球界永久追放。
  • 1962年 - カナダ初の国産実験衛星『アルーエット1』打ち上げ。
  • 1988年 - 1986年のチャレンジャーの爆発事故で凍結されていたスペースシャトル計画が『ディスカバリー』の打ち上げによって再開される。
  • 1992年 - ブラジルのフェルナンド・コロール・デ・メロ大統領が辞任。
  • 1999年 - 下関通り魔殺人事件。
  • 2003年 - テレビ朝日が六本木ヒルズに移転。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1511年 - ミシェル・セルヴェ (Michel Servet)-宗教改革期の人文主義者、医学者、神学者。(+ 1553年)
  • 1758年 - ホレーショ・ネルソン (Horatio Nelson)-アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。(+ 1805年)
  • 1881年 - ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス (Ludwig von Mises)-経済学者。(+ 1973年)
  • 1882年 - 鈴木 三重吉 (カトウ ミエキチ)-小説家・児童文学者。(+ 1936年)
  • 1901年 - エンリコ・フェルミ (Enrico Fermi)-物理学者。(+ 1954年)
  • 1911年 - 麻生 太賀吉 (アソウ タカキチ)-日本の実業家、政治家。麻生セメント会長。(+ 1980年)

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1902年 - エミール・ゾラ (Emile Zola)-自然主義文学の定義者であるフランスの小説家。(* 1840年)
  • 1929年 - 田中 義一 (タナカ ギイチ)-陸軍軍人、政治家。第26代内閣総理大臣。(* 1864年)
  • 1996年 - 遠藤 周作 (エンドウ シュウサク)-小説家、批評家、劇作家(* 1923年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • ゲッカビジン
  • 花言葉:はかない美

「ホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年09月29日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「09月29日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年09月29日15時(日本時間)現在での最新版を取得。