今日は何の日? -2017年09月06日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年09月06日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年09月06日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・黒の日

1989年、京都黒染工業協同組合が、伝統染色の黒染めをPRするために制定した。黒紋服や黒留め袖の普及を図るのも目的のひとつ。9月6日は黒の語呂合せ。

・クロスワードの日

クロスワード作家・滝沢てるお氏の提案により、『月刊クロスワード』等を発行する廣弘堂出版が1992年に制定。「ク(9)ロ(6)スワード」の語呂合せ。

・妹の日

現代に活躍する女性の多くが妹であることを発見した「姉妹型」研究の第一人者、畑田国男さんの提唱により1991年に制定された日。9月6日としたのは、妹の可憐さを象徴する星座、乙女座の中間日の前日が占星学上適切との判断から。



今日の人物

ラ・ファイエット(La Fayette)

米独立革命・仏革命双方で活躍した「両世界の英雄」

ラファイエットはフランスの貴族の子に生まれた。父は彼が2歳の時、七年戦争に従軍して戦死した。彼は14歳で軍隊に入隊し、16歳で結婚。1776年、アメリカ独立革命が勃発すると、支援を求めて来仏したベンジャミン・フランクリンに会ってその考えに共鳴し、周囲の反対を押し切って自費を投じて船を購入し、義勇兵としてアメリカへ渡った。19歳の時のことである。アメリカの独立を決定的にした1776年のヨークタウンの戦いに、彼は重要な役割を果たした。翌年フランスに帰国すると「両大陸の英雄」と称えられ、一躍名声を得た。

1789年、ラファイエットは三部会の第2身分(貴族)代表として選出された。しかし、アメリカ独立革命を戦った彼は、フランスの絶対王政を立憲君主制に変革するべきだという構想を持ち、第2身分でありながら第3身分の側に立って、議会政治の実現に向けて行動した。ラファイエットは、バスティーユ牢獄襲撃後に新設された国民軍司令官に任命されるとともに、フランス人権宣言の起草に着手した。国民議会で採択された人権宣言は、第1条で「人は、自由かつ権利において平等なものとして出生し、かつ生存する」という人間平等を、第2条で天賦の人権、第3条で人民主権、第11条で思想の自由・言論の自由、第17条で所有権の不可侵をうたっており、近代民主主義発展史上に記念碑的な位置を占めるものであった。

ラファイエットは、ヴェルサイユ行進者達の監視と管理の責任を負っていたが、全く役に立たなかった。ラファイエットは、立憲王政という方向で革命を収拾しようとしたが、王政打倒を主張する共和派が急速に勢力を増大させた。1791年7月、パリ西部のシャン・ド・マルスでの共和派の集会に対して、国民軍に無警告での弾圧を命じてこれを鎮圧した。この事件は死者が50名にも上ったため「シャン・ド・マルスの虐殺」と呼ばれ、彼は共和派の激しい非難を浴び、国民軍司令官の職を辞した。

しかし翌年4月、オーストリアとプロイセンに対する革命戦争が勃発すると、一方面軍の司令官に復帰した。8月に王権が停止されると、王権擁護派のラファイエットは司令官を解任され、逮捕される危険もあったため、オーストリアに亡命した。オーストリア政府は彼を戦争捕虜として投獄した。5年間の獄中生活を送ったのち、ナポレオンが政権を握った1799年に帰国し、故郷で隠退生活を送った。

のち1824年、アメリカ政府は国賓としてラファイエットをアメリカに招待した。彼は15ヶ月に渡ってアメリカ各地を旅行し、国を挙げての歓迎を受けた。1830年、七月革命が勃発すると再び国民軍司令官に任命され、ルイ・フィリップを支持したが、翌年には解任されて下野し、3年後パリで死去した。



プレスリリース

2017年09月06日のプレスリリースを紹介します

2017年09月06日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

ビジネスセミナー

2017年09月06日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年09月06日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1522年 - フェルディナンド・マゼラン一行が初の世界一周を達成。
  • 1596年 - 近畿地方で大地震(慶長伏見地震)発生。伏見城天守が大破する。
  • 1991年 - バルト三国がソ連から独立。
  • 1993年 - 元フジテレビアナウンサーの逸見政孝が異例の癌告白会見を行う。
  • 1997年 - ダイアナ妃の葬儀がウェストミンスター寺院で行われる。
  • 2002年 - 歌手の宇多田ヒカルが電撃結婚。
  • 2003年 - 『座頭市』が日本で劇場公開。
  • 2004年 - ニッポン放送が東京都港区台場のフジテレビ本社ビルから嘗ての千代田区有楽町に移転。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1757年 - ラ・ファイエット (La Fayette)-米独立革命・仏革命双方で活躍した「両世界の英雄」。(+ 1834年)
  • 1930年 - 西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)-推理作家。
  • 1946年 - 大島 理森 (オオシマ タダモリ)-政治家。
  • 1949年 - 柏原 寛司 (カシワバラ ヒロシ)-脚本家。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1902年 - フレデリック・エイベル (Frederick Augustus Abel)-イギリスの化学者。(* 1827年)
  • 1907年 - シュリ・プリュドム (Sully Prudhomme)-詩人。(* 1839年)
  • 1998年 - 黒澤 明 (クロサワ アキラ)-映画監督。(* 1910年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • クルマユリ
  • 花言葉:多才な人

「ラ・ファイエット(La Fayette)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年09月06日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「09月06日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年09月06日15時(日本時間)現在での最新版を取得。