今日は何の日? -2017年09月05日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年09月05日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年09月05日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・国民栄誉賞の日

1977年、2日前の9月3日に通算ホームラン数の世界最高記録を作った王貞治が、日本初の国民栄誉賞を受賞した日。 国民栄誉賞とは、前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民から敬愛され、夢と希望を与えた人に贈られる賞とされる。

・石炭の日

1992年に通産省の呼びかけにより、日本鉄鋼連盟・電気事業連合会・日本石炭協会などの団体により制定。「ク(9)リーンコ(5)ール」の語呂合わせ。



今日の人物

青木 雄二(アオキ ユウジ)

「ナニワ金融道」で大ヒットをとばした漫画家

京都府加佐郡大江町(現・福知山市)出身。岡山県立津山工業高校を卒業後、山陽電気鉄道に入社。以降は町役場職員やパチンコ店店員など多くの職を転々とした。この経験が漫画を描く上で大いに参考になったという。

1970年に『屋台』がビッグコミック新人賞佳作に入選。その後デザイン会社を起業するが倒産。1989年に『50億円の約束手形』でアフタヌーン四季賞に入選、1990年に『彼岸と此岸の間で』で準入選を受賞し、同年に代表作の『ナニワ金融道』(ナニ金)(週刊モーニング)で漫画家として45歳でデビューした、遅咲きの漫画家であった。原作者としては表示はされていないが、同作品には、元担当編集者、カバチタレ!原作者、元地上げ業者など数名の影の原作者がいたとされる。1992年度第16回講談社漫画賞、1998年度の第2回手塚治虫文化賞の優秀賞を受賞。50回以上の見合いを経験し、ホステスと結婚、男児あり。

自らマルクス主義者を標榜し、現代社会への批判が常に著作の根底にあった。そのため右翼団体によって攻撃の対象とされていた。日本共産党の演説会に弁士として招かれたことがあったが、あまりに教条的なマルクス主義論を壇上でぶったため、二度とお呼びが掛からなかったという逸話もある(しかし講演会や赤旗紙上には晩年までたびたび出ていた)。新左翼系の都政を革新する会の支持者名簿に名を連ねることもあったが、当人は「『目的のためには手段を選ばず』ではなく、手段は選ばなくてはならない」と冒険的な武力闘争を否定するなど、過激派的路線とは一線を画していた。

契約書の一字一字や畳の目の一本一本を描きこむなど、緻密な描き込みをポリシーとしていた。『ナニ金』の連載終了ともに漫画家を引退したのはこの事による過労によるとも言われる。緻密な描き込みについては「スクリーントーンを全く使わない」と形容されることがあるが、これはあくまでも誇張な表現であり、実際には使ったことがある。使用部分は、海外視察から帰国した枷木(かせぎ)とその秘書が、日焼けしていたというのを表現する回と、栗尾の実家付近の農民の日焼けを表現する回だけである。スクリーントーンを使わないのをポリシーとしていた青木だが、この部分だけはトーンを使わずに表現することができず、渋々使用したらしい。

著作のナニワ金融道は金融ネタの漫画がブレイクする嚆矢となった。後発の高利貸しを主人公にした作品ミナミの帝王に対しては、同作品の映画で著作権を侵害されたせいか、作中で"パクリの帝王"なる作品を描写するなど敵視していたらしい。また、「ミナミの帝王」主人公の「萬田銀次郎」をパロディにしたトイチの闇金「銭田摺次郎」を敵役として登場させ、灰原たちにへこまされるというエピソードも描いた。 なお、この著作権問題は訴訟となり、ミナミの帝王側がモーニングに謝罪広告を出している。 また岡山県で少年期を過ごした経験から「岡山の人間は薄情だ」と非難していたとされる(但し売れてからも岡山を何度か訪れ、講演や選挙での応援演説などを行なっていた)。2003年9月5日、肺ガンのため死去。



ビジネスセミナー

2017年09月05日開催のビジネスセミナーを紹介します

BI導入事例セミナー「Yellowfin Deep Dive 2017」

▲ページトップに戻る

出来事

  • 1905年 - ポーツマス条約が締結され、日露戦争終戦。
  • 1972年 - ミュンヘンオリンピックの五輪選手村でパレスチナゲリラがイスラエル選手団を殺害。
  • 1977年 - 王貞治に初の国民栄誉賞が贈られる。
  • 2004年 - ラジオ局、ニッポン放送が嘗て本社のあった東京都港区お台場での放送を終了し移転。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1567年 - 伊達 政宗 (ダテ マサムネ)-戦国時代の奥州の戦国大名で仙台藩初代藩主。(+ 1636年)
  • 1889年 - 南 原繁 (ナンバラ シゲル)-東京帝国大学の総長を務めた東京大学名誉教授。(+ 1974年)
  • 1928年 - 浜田 幸一 (ハマダ コウイチ)-元政治家。
  • 1932年 - 吉田 竜夫 (ヨシダ タツオ)-漫画家、アニメ作者。(+ 1977年)
  • 1939年 - 利根川 進 (トネガワ ススム)-生物学者。
  • 1952年 - 草刈 正雄 (クサカリ マサオ)-生物学者。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1977年 - 吉田 竜夫 (ヨシダ タツオ)-漫画家、アニメ作者。(* 1932年)
  • 1996年 - 山村 美紗 (ヤマムラ ミサ)-推理作家。(* 1934年)
  • 1997年 - マザー・テレサ (Mother Teresa)-修道女、修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。(* 1910年)
  • 1997年 - ゲオルグ・ショルティ (Sir Georg Solti)-指揮者。(* 1912年)
  • 2003年 - 青木 雄二 (アオキ ユウジ)-日本の漫画家、エッセイストである。(* 1945年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • ケイトウ
  • 花言葉:おしゃれ

「青木 雄二(アオキ ユウジ)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年09月05日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「09月05日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年09月05日15時(日本時間)現在での最新版を取得。