今日は何の日? -2017年05月09日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年05月09日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年05月09日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・アイスクリームの日

1869年(明治2年)の5月9日、横浜の馬車道通りで町田房蔵が「あいすくりん」の名称で日本で初めてアイスクリームを販売したことに因む。実際には旧暦の6月、新暦の7月といわれているが、これでは消費拡大のPRには遅いということで、日本アイスクリーム協会が1906年(昭和39年)に制定。

・黒板の日

全国黒板工業連盟が、創立50周年を記念して2000年7月に制定した日。黒板の有効性をアピールし、そのPRに役立てることを目的としている。5と9で黒板の黒(こく)の語呂合わせから。

・メイクの日

「メイ(May)ク(9)」の語呂合せ。



今日の人物

ポール・ゴーギャン(Eugene Henri Paul Gauguin)

フランスのポスト印象派の画家。

1848年、二月革命の年にパリに生まれた。父は共和系のジャーナリストであった。ポールが生まれてまもなく、一家は革命後の新政府による弾圧を恐れて南米ペルーのリマに亡命した。しかし父はポールが1歳になる前に急死。残された妻子はペルーにて数年を過ごした後、1855年、フランスに帰国した。

フランスに帰国後、ゴーギャンはオルレアンの神学学校に通った後、1865年、17歳の時には航海士となり、南米やインドを訪れている。1868年から1871年までは海軍に在籍し、普仏戦争にも参加した。その後株式仲買人となり、デンマーク出身の女性メットと結婚。ごく普通の勤め人として、趣味で絵を描いてい

た。印象派展には1880年の第5回展から出品しているものの、この頃のゴーギャンはまだ一介の日曜画家にすぎなかった。勤めを辞め、画業に専心するのは1883年のことである。

1888年には南仏アルルでゴッホと共同生活を試みる。が、2人の強烈な個性は衝突を繰り返し、ゴッホの「耳切り事件」をもって共同生活は完全に破綻した。西洋文明に絶望したゴーギャンが楽園を求め、南太平洋にあるフランス領の島・タヒチに渡ったのは1891年4月のことであった。しかし、タヒチさえも彼が夢に見ていた楽園ではすでになかった。タヒチで貧困や病気に悩まされたゴーギャンは帰国を決意し、1893年フランスに戻る。

叔父の遺産を受け継いだゴーギャンは、パリにアトリエを構えるが、絵は売れなかった。一度捨てた妻子にふたたび受け入れられるはずもなく、同棲していた女性にも逃げられ、パリに居場所を失ったゴーギャンは、1895年にはふたたびタヒチに渡航した。

タヒチに戻っては来たものの、相変わらずの貧困と病苦に加え、妻との文通も途絶えたゴーギャンは希望を失い、死を決意した。こうして1897年、貧困と絶望のなかで、遺書代わりに畢生の大作『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』を仕上げた。しかし自殺は未遂に終わる。最晩年の1901年にはさらに辺鄙なマルキーズ諸島に渡り、地域の政治

論争に関わったりもしていたが、1903年に死去した。

死後、西洋と西洋絵画に深い問いを投げかける彼の孤高の作品群は、次第に名声と尊敬を獲得するようになる。



出来事

  • 1876年 - 上野公園の開園式。日本初の公園に指定。
  • 1915年 - 中華民国の袁世凱政権が日本の対華21ヶ条要求を受諾する。
  • 1948年 - 日比谷公会堂で「母の日大会」開催。以降5月第2日曜日が母の日に。
  • 1960年 - 藤沢市に不時着した米軍のU2型偵察機(黒いジェット機)が国会で問題化。
  • 1974年 - 伊豆半島南端でM6.9の地震。死者30人。
  • 1983年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が、ガリレオ・ガリレイに対する宗教裁判の誤りを認める。
  • 1994年 - ネルソン・マンデラが南アフリカ共和国の大統領に当選。
  • 2003年 - 宇宙科学研究所が工学実験探査機はやぶさ (MUSES-C) を打ち上げ。
  • 2005年 - 国際連合で中華人民共和国・大韓民国が歴史認識について日本批判を展開した。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1147年 - 源 頼朝 (ミナモト ヨリトモ)-鎌倉幕府初代将軍(+ 1199年)
  • 1849年 - 昭憲皇太后 (ショウケンコウタイゴウ)-明治天皇の皇后。(+ 1914年)
  • 1874年 - ハワード・カーター (Howard Carter)-ツタンカーメン王の墓を発見した考古学者(+ 1873年)
  • 1904年 - グレゴリー・ベイトソン (Gregory Bateson)-人類学・社会学・言語学・サイバネティックスなどの研究者。(+ 1980年)
  • 1921年 - モートン・カプラン (Morton A. Kaplan)-国際関係の科学的アプローチで知られ、「システム論」による分析を行うアメリカ合衆国・シカゴ大学政治学部名誉教授。
  • 1958年 - 永江 朗 (ながえ あきら)-ルポライター。
  • 1959年 - 片山 さつき (かたやま さつき)-自由民主党所属の衆議院議員。

▲ページトップに戻る

忌日

  • 1805年 - フリードリヒ・フォン・シラー (Johann Christoph Friedrich von Schiller)-ドイツ古典主義の代表者である詩人、劇作家、歴史学者、思想家。(* 1759年)
  • 1903年 - ポール・ゴーギャン (Eugene Henri Paul Gauguin)-フランスのポスト印象派の最も重要かつ独創的な画家の一人。(* 1848年)
  • 1931年 - アルバート・マイケルソン (Albert Abraham Michelson)-光速度やエーテルについての研究を行ったアメリカの物理学者。(* 1852年)
  • 1942年 - 萩原 朔太郎 (ハギワラ サクタロウ)-大正・昭和期の詩人、作家。(* 1886年)
  • 1993年 - エイヴラム・デイヴィッドスン (Avram Davidson)-アメリカ合衆国のSF作家、推理作家。(* 1923年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • やえざくら
  • 花言葉:しとやか

「ポール・ゴーギャン(Eugene Henri Paul Gauguin)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年05月09日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「05月09日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年05月09日15時(日本時間)現在での最新版を取得。