今日は何の日? -2017年03月17日-|フィデリ・今日は何の日?

今日は何の日?2017年03月17日

ビジネスの出来事を中心に地球創世以来の出来事を紹介いたします

ビジネスイベント

2017年03月17日のビジネスイベントを紹介します

データがありません

▲ページトップに戻る

今日は何の日?

・セント・パトリックデー

アイルランドの守護聖人、セント・パトリックの祝日。アイルランドの国花の三つ葉のクローバーがシンボル。それにちなみシンボルカラーの緑色のものを身に付けると幸福になれるとされる。

・漫画週刊誌の日

1959年(昭和34年)に日本初の少年向け週刊誌『少年マガジン』『少年サンデー』が発刊された。



今日の人物

横光 利一(ヨコミツ リイチ)

新感覚派の日本の小説家・俳人

福島県北会津郡東山村大字湯本川向(今の東山温泉)に生まれる。1910年、13歳で三重県第三中学校入学、スポーツ万能の少年であった。当初は母と姉と共に上野に移り住んで暮らしていたが、後に1人で下宿生活を送る。この頃、近所に住んでいた少女の宮田おかつに淡い恋心を抱き、のちに下宿時代の初恋の思い出をもとに『雪解』を発表している。このころから志賀直哉に影響を受ける。

1921年頃から菊池寛に師事し、また川端と出会い以後生涯の友となる。処女作「御身」を書くがこの時には発表せずにいる。1923年、菊池の推挙により同人誌『文芸春秋』同人となる。同5月、同誌にて「蝿」を、『新小説』に「日輪」を発表する。同9月に関東大震災があったために、この時期に出た作家は震後作家としてもてはやされた。同人仲間・小島勗の妹・君子と結婚する。

1924年、「御身」「日輪」を刊行。川端とともに、今東光、稲垣足穂ら新進作家を糾合して「文藝時代」を創刊し、プロレタリア文学全盛の中、この雑誌は新感覚派の拠点となる。横光は新感覚派の天才と呼ばれるようになる。1926年、妻・君子を結核によって喪う。このころの二人のことは「春は馬車に乗って」「花園の思想」などに書かれている。翌年、日向千代と再婚。

芥川龍之介の最後の時期に「君は上海に行くべきだ」と言われ、1928年に約1ヶ月上海に滞在する。これにより「上海」を執筆し始める。連作長編の形で執筆されたこの作品は、1925年の五・三〇事件を背景に上海でのいろいろな勢力の闘争を描いた野心作であった。

大正末期から昭和初期のこの頃、芥川をはじめ、吉行エイスケ、村松梢風などが上海を訪れている。また内山完造の経営していた内山書店には魯迅をはじめ、中国や日本の文学者が多く集まっていた。1930年、町工場の人間模様を実験的な手法で描いた「機械」を発表する。1932年、新感覚派の集大成というべき「上海」と「寝園」を、1934年には「紋章」を刊行。翌年、「純文学にして通俗小説、このこと以外に、文藝復興は絶對に有り得ない」と説く「純粋小説論」、それを実行した「家族会議」を発表する。

1936年、半年間、ヨーロッパを旅行する。行きの船では高浜虚子や宮崎市定がいて、句会をしばしばひらいていたという。経験をもとに、翌年から「旅愁」の連載をはじめ、また、この時期から段々と大東亜戦争の影が文学界にも影を落としてくる。世相が戦争に向かう中、国粋主義的傾向を強めてゆき、文芸銃後運動に加わる。

1945年6月、山形県に疎開。疎開先で健康を害する。敗戦後、帰京。翌年、「旅愁」四篇を刊行。1947年、疎開時の日記という体裁をとった小説「夜の靴」発表。絶筆となったのは、母の実家にあったランプを通して青春時代の柘植での思い出を書いた「洋燈(ランプ)」で、執筆中の12月30日、49歳で急性腹膜炎のため死去。

翌年1月3日に葬儀が行なわれる。川端は弔辞で「君の名に傍えて僕の名の呼ばれる習わしも、かえりみればすでに二十五年を越えた」、「君に遺された僕のさびしさは君が知ってくれるであらう。君と、最後に会った時、生死の境にたゆたふやうな君の眼差の無限の懐かしさに、僕は生きて二度とほかでめぐりあへるであらうか」と早すぎる別れを惜しんだ。同年、遺作である「微笑」が発表される。



プレスリリース

2017年03月17日のプレスリリースを紹介します

2017年03月17日のプレスリリースはございません。

▲ページトップに戻る

ビジネスセミナー

2017年03月17日開催のビジネスセミナーを紹介します

2017年03月17日開催のビジネスセミナーはございません。

▲ページトップに戻る

出来事

  • 紀元前45年 - ユリウス・カエサルがムンダの戦いでポンペイウス派の軍を破る。
  • 1690年 - 湯島聖堂が完成する。
  • 1861年 - イタリア王国成立。
  • 1869年 - 大阪に造幣局を設置する。
  • 1901年 - パリでヴィンセント・ヴァン・ゴッホの絵画の展覧会。(彼の死後11年目にあたるが、大きな反響を呼んだ)
  • 1931年 - バダ州で賭博が合法化。
  • 1985年 - 筑波研究学園都市で国際科学技術博覧会(つくば科学技術博、科学博、EXPO85)開催。9月16日まで。
  • 1988年 - 東京ドームオープン。

▲ページトップに戻る

誕生日

  • 1817年 - カメハメハ3世 (Kamehameha III)-ハワイ王国第3代の王(在位1825年 - 1854年)。(+ 1854年)
  • 1856年 - ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト(ナポレオン4世) ()-フランスの皇太子(+ 1879年)
  • 1898年 - 横光 利一 (ヨコミツ リイチ)-新感覚派の日本の小説家・俳人。(+ 1947年)
  • 1907年 - 三木 武夫 (ミキ タケオ)-第66代内閣総理大臣。(+ 1988年)
  • 1907年 - 三木 武夫 (ミキ タケオ)-第66代内閣総理大臣。(+ 1988年)
  • 1924年 - 三重野 康 (ミエノ ヤスシ)-元日本銀行総裁
  • 1931年 - 畑 正憲 (ハタ マサノリ)-「ムツゴロウ」の愛称で知られる小説家・生物学者

▲ページトップに戻る

忌日

  • 180年 - マルクス・アウレリウス・アントニヌス ()-ローマ皇帝・五賢帝の一人(* 121年)
  • 1853年 - クリスチャン・ドップラー (Johann Christian Doppler)-物理学者、ドップラー効果を発見。(* 1803年)
  • 1893年 - ジュール・フェリー (Jules Ferry)-第三共和政の下で首相を2度務めたフランスの政治家(* 1832年)

▲ページトップに戻る

誕生花

  • えんどうの花
  • 花言葉:必ず来る幸福

「横光 利一(ヨコミツ リイチ)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年03月17日15時(日本時間)現在での最新版を取得。

「03月17日」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。
2017年03月17日15時(日本時間)現在での最新版を取得。